Ratusan Mobil Berpelat Sakti Kena Razia,
Polda Metro Jaya:Tak Ada Keistimewaan

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Kamis, 20 Januari 2022 16:00 WIB


ジャカルタ警察は、RFS、RFQ、RFOなどの不思議なのナンバープレートを使用する車を襲撃します。2022年1月17日から19日まで、特別なナンバープレートを備えた124台の車両が襲撃されました。

「違反のほとんどは奇数偶数規制です。ですから、道路の路肩を使用する人もいれば、ロータリーライトやサイレンを使用する人もいます。」

ジャカルタ州警察署長 サンモド・プモモ・ヨゴ氏は、2022年1月19日水曜日に言った。

サンモド氏によると、特別および、不思議なナンバープレートの使用は、車両番号(STNK)の発行に関して2012年のPerkap No.3で規制されています。

実際、これらのルールは、このタイプのSTNKの申請者に対して、機密性とセキュリティを保証しています。

ただし、これは、この不思議なプレートのユーザーが、交通法規に違反して、起訴されない理由ではありません。

他の車両と同じです。 これらの車両は、法律の前では特権はありません」とサンモド氏は言いました。

現在、ジャカルタ警察は、新規および更新アプリケーションの関係で、秘密および特別なSTNKのアプリケーションを強化しています。

一方、このような特別な警察セキュリティ「インテリジェンスエージェンシー」やジャカルタ州警察からの推奨を取得するには、特別なSTNKが必要です。

「申請書には、申請者の省庁の少なくとも1人の公務員が署名する必要があります。」とサンモド氏は述べています。

参考までに、この特別で機密性の高いナンバープレートは、公認の軍人の公用車で使用するために予約されています。 これらのプレートは民間人が使用することはできません。 このナンバープレートの有効期間は1年のみです。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す