Tak Semua Bisa Isoman,
Ini Kriteria Pasien Omicron
yang Harus Dirawat di RS

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Jumat, 21 Jan 2022 08:00 WIB


ミクロン患者に関する新しい隔離規則を発表!(保健省)

自宅で自己隔離できる患者もいます。

ただし、すべての患者がこれらの規定に従うことができるわけではありません。

複数の症状または病院での病歴があるCOVID-19の症例は、病院で隔離され治療される必要があります。

COVID-19症例のオミクロン変異体の予防と管理に関するインドネシア共和国保健大臣の通達番号HK.02.01 / MENKES / 18/2022に基づく。

これらのルールは、患者の状態の重症度に基づいて設定されます。

ルールは次のとおりです。

重度の症状を伴うCOVID-19の確認された症例については、COVID-19受け入れ病院で治療する必要があります。

制御不能な併存疾患を伴う、中等度または軽度の症状のある症例については、野戦病院・救急病院またはCOVID-19受け入れ病院で治療することができます。

入院しているCOVID-19患者が改善の兆候を示した場合、24時間・間隔で2回リアルタイム-PCR検査を実施する必要があります。


<自宅で隔離を受けることができる患者の要件は何ですか?>

a)臨床的および行動的要件

(1)年齢45歳以下

(2)併存疾患はない

(3)遠隔医療または医療サービス、その他にアクセスできる

(4)許可される前に自宅療養したままでいることを約束する

b)住宅およびその他の支援機器の要件

(1)別々の部屋に滞在でき、別々のフロアの場合はさらに良い

(2)家の他の居住者とは別のトイレがある

(3)パルスオキシメーター(動脈血酸素飽和度<SpO2>と脈拍数を測定するための装置)が使える。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す