皆様とどうぞ共有ください!

Waspada Omicron,
Luhut Minta Vaksin Booster
Di Geber di Jabodetabek

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Jumat, 21 Jan 2022 08:28 WIB


海事投資調整大臣のルフット氏は、オミクロンの亜種の波について警告しました。

現在、症例の増加はまだ続いているためです。

彼は、すべての「ジャワ−バリ」知事とForkopimda(地方リーダーシップ調整フォーラム)の「ジャワ−バリ」PPKM・評価調整会議でこれを伝え、オミクロンの亜種の波を予測しました。

「これまで、症例数が増加したにもかかわらず、死亡率は、依然として、少なく維持されている。」と彼は金曜日(2022年1月21日)の声明で述べた。

<ジャカルタ-西ジャワにブースターワクチン接種を後押しするよう要請>

現在の症例のほとんどは、ワクチン接種用量1と2の達成度がすでに高い、ジャボデタベック地域で発生しています。

そのため、彼によると、ブースターワクチン接種はジャボデタベック地域ですぐに急いで行われるべきです。

「今日、戦争の舞台は、実際にはジャカルタ地域で発生するトラブルの増加によるものです。そのため、ジャカルタ、バンテン、西ジャワの各州にブースターワクチン接種を早急に加速するようお願いします。」

ルフット大臣は言った。

ジャボデタベックが人の流動の中心であることを考えると、他の州へのケースの拡散はより迅速に発生する可能性があります。

他の州では大幅な増加はありませんが、他の州も準備する必要があります。

<また、他の国の状況の概要も説明します。>

彼によると、症例が増えてくると、入院率と死亡率が増加する可能性があります。

「医療制度への負担を軽減するために、流行を平坦化するか、陽性症例の増加を遅らせる努力をしなければなりません。

重要なのは、各地域で健康プロトコルを実施し、予防接種を加速することです」と彼は言いました。

ルフット氏は安全でスムーズなウムラ(巡礼)を求めています

ウムラ旅行が始まったときのオミクロンの広がりを見越して、ウムラの旅がスムーズかつ安全に行われることを望んでいます。

彼はまた、宗教省、保健省、および国家災害対策庁(BNPB)に、巡礼者の出発と到着に備えて、人が溜まらないような流れを作るように、可能な限り準備するように依頼しました。

「メッカ巡礼のホテルとゲストハウスの容量や実現可能性を適切に判断し、グループ間の到着を調整して、人が溜まらないようにしてください」と彼は言いました。

さらに、オミクロンの亜種についてもっと理解するように一般の人々に強調しました。 彼はまた、国軍と警察の各階級に、各地域に隔離センターを準備するように依頼した。

「私たちは専門家の説明に耳を傾け、これから学び、現在の新型コロナの状況に対処するためにそれを適用することができます。

最終的には、国軍の司令官と国家警察の補佐に、各地域での集中隔離の準備を再度行うよう要請する」と述べた。

ブディ保健相は、現在ほとんどの症例がDKIジャカルタで発生しており、まもなく周辺地域に広がると付け加えた。

「現在、私たちは自分たちの周りで起こっている広がりを見つけるためにテストと追跡をさらに増やし、ワクチン接種を増やし続ける必要があります」と彼は付け加えました。




ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む