87 Jemaah Umrah Positif Covid-19,
10 Probable Omicron

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Jumat, 21 Januari 2022 | 17:13 WIB


Covid-19ワクチン接種省のスポークスパーソン、シティ・ナディア氏は、Covid-19に感染したメッカ巡礼者(ウムラ)は87人で、そのうち10人はオミクロンである可能性が高いと述べました。

ナディア氏は、メッカ巡礼者が国に帰る途中で感染したと述べた。

「彼らが家に戻ったとき、感染は発見されなかったが、途中だったのかもしれない」と、金曜日(2021年1月21日)にBeritasatu.comから連絡を受けたナディア氏は言った。

ナディア氏は、メッカ巡礼者に起因するCovid-19の症例は、無症候性の人であると述べました。

また、今日の金曜日(2022年1月21日)の時点で、インドネシアのオミクロン変異体のCOVID-19の陽性症例が1,078に達したと発表しました。

これらの1,078人の患者は756人の海外旅行者、257人の市内感染例で構成されており、65人はまだ疫学者によって調査中であると述べた。


関連記事:


以前、宗教大臣のヤク・チョリ・クオマス氏は、インドネシアからのウムラ巡礼者の出発は止められないだろうと強調しました。

宗教大臣ヤク氏はまた、ウムラ巡礼者の出発プロセスが引き続き、ワンゲート政策スキームを適用することを保証しました。

「ウムラには、停留所はありません。私はまた、巡礼者の出発が引き続きワンゲート政策を適用するように、メッカ巡礼とウムラ組織の長官に要請した」と語った。 (2022年1月17日)

「ワンゲート政策はまだ有効です。各エリアでそれぞれが、単独で飛び立つ事はできません。」

彼はBeritasatu.comが受け取ったプレスステートメントの中で言った。

宗教大臣によると、ウムラ巡礼者の出発はまだ続いています。 これは、ビザを取得している場合、関係者が法的な問題を抱えていない限り、巡礼を行うことを含め、市民が海外に行くことを禁止する法律がないためです。

したがって、ビザを持っている場合、彼らは海外に行く権利があります。しかし、政府には取り決めをする権利があります。

ワンゲート政策の実施は、政府が課す規制の一部です。」と述べた。

宗教大臣は、当初、ワンゲート政策の設定を取り消す提案があったことを認めた。

しかし、評価プロセスの後、オミクロンに晒された、ウムラ旅行主催者のチームのケースがありました。ワンドア政策が引き続き適用されることが決定されました。

「私たちはまだワンゲート政策を使用しています。影響を受ける人々がまだいます。特にそれが取り消された場合、それは非常に危険です」と彼は言いました。

宗教大臣は、インドネシアのウムラ巡礼者が2022年1月8日に初めて出発したと述べた。

2022年1月15日まで、合計1,731人のウムラ巡礼者がサウジアラビアに向けて出発しました。

その数のうち、今日国に戻る400人います。

最初のウムラ巡礼者が戻ってきた時に、評価はより包括的に行われるだろう」と語った。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す