皆様とどうぞ共有ください!

Oknum Pegawai Bea Cukai Pungli Rp1,7 M
di Soetta Sudah Ditindak

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Minggu, 23 Jan 2022 08:28 WIB


税関長官のアクソラニ氏は、バンテンのスカルノハッタ国際空港で発生した恐喝または違法な課税の加害者に対して行動を起こしたと述べた。

「2020年以来、関係する従業員の税関によって行動が起きている」と土曜日(1月22日)にCNNIndonesia.comから連絡を受けたアクソラニ氏は言った。

彼はまた、この従業員達の法的処置に関して、バンテン高等検察庁に恐喝の報告を説明した。

しかし、彼はどのような法的措置が取られるかを特定しませんでした。

現在、アクソラニ氏は、同様の恐喝行動が二度と起こらないように誠実さを維持するために、すべての従業員への指導と確認が引き続き行われていると述べました。

「その後、一貫した監督の強化が行われる。改善の評価も引き続き行われる」と彼は述べた。

以前、インドネシア腐敗防止協会のコーディネーターであるボヤミン・サイマンは、スカルノハッタ国際空港での恐喝行為または違法な課税の報告を17億ルピアであると認めました。

恐喝の疑いのある事件は、スカルノハッタ空港の税関で、宅配便会社の1つであるPT.SQKSSに対して多数の国家公務員が関係していました。

2020年4月から2021年4月までの1年以上にわたって行われました。

被害者としてのPT.SQKSSは、要求された名目金額を提出しなかった場合、事業閉鎖の脅迫をされていました。

ボヤミン氏によると、加害者は、イニシャルがABの現場のヘッドに相当するポジションの「エシェロンIII」<※>レベルの税関職員であり、イニシャルがVI(6)の現場のヘッドに相当するポジションの「エシェロンIV」<※>レベルの従業員でした。

※エシェロン:公務員に付される階級名(I〜IVまである)

ボヤミン氏によると、火曜日(1月8日)にバンテン検察庁に事件を直ちに報告した。

「会社の経営陣に報告され、電話連絡を通じて、即時の支払いを要求し、送金が行われ、最終的に、推定金額、約17億ルピアが、引き渡されたとされています。」

ボヤミン氏は声明の中で言った。




ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む