皆様とどうぞ共有ください!

Luhut: Tidak Ada Rencana
Hentikan Sekolah Tatap Muka

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 24 Jan 2022 12:59 WIB


新型コロナウイルスの蔓延で、オミクロン変異体は最近急増しています。

政府は、オミクロンの亜種による配備で、異常な出来事は起きていないと評価しています。

「今日まで、学習はまだ行われています。特別なことがあれば、今とは違う、別の決定が下されます。

ですから、対面式の会合や対面式の学校をやめる予定はありません」と語った。 

月曜日(1月24日)のPPKMの評価に関する記者会見で、海事投資調整大臣のルフット大臣 は述べた。

ルフット氏は、オミクロンの亜種の蔓延の処理に関連して、政府が行ったすべての政策は、常に正確で測定可能でなければならないことを強調した。

政府が常にデータを使用してパンデミック状態を分析および予測することを保証しました。

彼は、今日までのさまざまな場所からのデータは、このオミクロン変異体の治療のリスクと死亡率がかなり低いことを示していると付け加えました。

ただし、この亜種の感染速度により、毎日の症例数が急激に増加しています。

彼によると、これは近い将来、病院での治療の数を増やす可能性があり、したがって病院のケア施設のシステムを脅かします。

以前、医療分野の5つの専門機関は、11歳未満の子供を対象とした100%対面学習の見直す事を要求していました。

彼らは、子供たちとその家族が、各家族の状態とリスク状況を見て、対面授業または遠隔教育が選択できるように求めました。

この要求は、11歳未満の子供がまだ健康プロトコルの意識レベルが低い事で、求められています。

さらに、これらの子供たちのすべてがCovid-19ワクチン接種を受けているわけではありません。


 


ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む