Dirjen Bea Cukai Tindak 1.300
Barang Ilegal Sepanjang 2021

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
火曜日, 25 Jan 2022 05:46


財務省の税関総局は、過去1年間に1,300を超える違法な商品を取り締まったと主張しています。

取り扱った商品はたばこが大半を占め、違法商品全体のほぼ半分に達した。

「2021年の間、私たちはたばこ製品に対しての取り締まりが多く、それは私たちの行動の数の47パーセントに達する可能性があります」

起訴された違法な商品の2番目に多い数は6.87パーセントに達した違法船舶でした。

次に、5.39パーセントのエチルアルコール、4.97パーセントの麻薬、向精神薬(※)など、および1.70パーセントに達する薬物を含む飲み物。


(※)向精神薬:中枢神経系に作用し、生物の精神活動に何らかの影響を与える薬物の総称である。


同省のアクソラニ氏は、違法な商品の起訴は多くの関連機関と協力して行われたと伝えた。

「これは私たちがとる一貫した行動であり、警察、国家麻薬局、司法長官事務所、国家警察などの他の法執行機関とも協力しています」と彼は説明しました。

特に麻薬などについては、関税消費税庁長官が最大数兆ルピア相当の4トンの麻薬に対しての措置を講じました。この量は、前年度の措置、すなわち2020年に3.2トン、2019年に3.9トンよりも多いと言われています。

合計1,100件の麻薬犯罪の起訴または最大87%が、これらの違法薬物を携行している、手に負えない配達サービスで実施されました。

彼は、起訴される麻薬の数の増加は、COVID-19パンデミックの間に自宅で製造されていたと仮定した麻薬の売人によるものであると言いました。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す