皆様とどうぞ共有ください!

Studi Jelaskan Sebab Covid-19 Omicron
Tidak Lebih Parah dari Delta

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 26 Jan 2022 06:01 WIB


新型コロナ・オミクロン変異体(B.1.1529)の出現以来、多くの疑問を提起しました。

その1つは、感染した個人のほとんどが他の変異体と比較して病気が深刻であると感じる理由です。

ケント大学とフランクフルト大学ゲーテ大学の研究者によって行われた研究は、オミクロンが体のインターフェロン<※>反応を回避するのにあまり効果的ではないことを説明することによってその質問に答えようとしています。


<※>インターフェロン:

動物体内で病原体(特にウイルス)や腫瘍細胞などの異物の侵入に反応して細胞が分泌する蛋白質のこと。 ウイルス増殖の阻止や細胞増殖の抑制、免疫系および炎症の調節などの働きをするサイトカインの一種である。(ウィキペディア


<内容が難しくなり過ぎているために省略>

オミクロン変異体は、ワクチン接種や早期感染に対する免疫からの防御を回避するのに優れていますが、デルタ変異体よりも主に軽度の病気を引き起こします。

世界中で50万人以上に広がっているオミクロン変異体の出現は、コロナウイルスがパンデミックから季節性インフルエンザのような風土病に変化するという希望を高めると言われています。

世界保健機関(WHO)ヨーロッパは、オミクロンの蔓延がCovid-19をパンデミックの最終段階に導いたことを明らかにしました。

オミクロン品種の蔓延が収まると、数週間から数か月以内に世界的な免疫が出現します。

この免疫の出現は、とりわけ、ワクチン接種のために、またはすでに感染している多くの人々がいるために引き起こされます。

ウイルスがどんどん広がる可能性もあります。


これでわかったオミクロンへの対応したPCR検査法!

まず、PCRが陽性、さらに、L452R変異(デルタ株等で確認される変異であり、オミクロン株には変異が確認されていない)スクリーニング検査を実施し、「陰性」の場合には、オミクロン株への感染を疑い対応します。 jcl.co.jp/covheni




ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む