Booster 89 Persen Ampuh Cegah Rawat
Inap akibat Omicron,
Ini Penjelasan Ahli

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
26/01/2022, 16:30 WIB


オミクロン変異によるCovid-19の症例数の増加により、インドネシアを含む世界の多くの国で、3回目または追加のワクチン接種の実施が開始されました。

これは、Covid-19ワクチンの2回接種の有効性が時間の経過とともに低下し始めるためです。

分子生物学研究センターの所長である国立研究革新庁のウィーン・クシャルヨト氏は、次のように説明しました。

ブースターワクチンを投与すると、英国、イスラエル、米国などのさまざまな国で、オミクロン変異体の感染による入院のリスクを最大89%減らすことができます。

ウィーン氏は水曜日(2022年1月26日)のウェビナーで、「インドネシアの医療サービス、特に病院ケアに関連する医療サービスに負担をかけることを防ぐために、ブースターが必要だ」と述べた。

さらに、6か月後のファイザーとバイオエヌテックワクチンの2回接種でも防御力の低下が、残り2パーセントになるまで、報告されたと彼は述べた。

しかし、ワクチンの3回目の投与が行われると、ワクチンの有効性は再び63%に上昇します。

「ブースターされたとき、その増加は非常に重要です。つまり、ブースターの効果は約63パーセントの保護を提供することができるからです。

その有効性は現在約63パーセントです」とウィーン氏は述べ、ブースターワクチンの有効性を説明しました。

これは、Covid-19ワクチンの2回接種の有効性が時間の経過とともに低下し始めるためです。

分子生物学研究センターの所長であるEijkman、国立研究革新庁のウィーン・クシャルヨト氏は、次のように説明しました。

ブースターワクチンを投与すると、英国、イスラエル、米国などのさまざまな国で、オミクロン変異体の感染による入院のリスクを最大89%減らすことができます。

ウィーン氏は水曜日(2022年1月26日)のウェビナーで、「インドネシアの医療サービス、特に病院ケアに関連する医療サービスに負担をかけることを防ぐために、ブースターが必要だ」と述べた。

さらに、6か月後のファイザーとバイオエヌテックワクチンの2回接種でも防御力の低下が、残り2パーセントになるまで、報告されたと彼は述べた。

しかし、ワクチンの3回目の投与が行われると、ワクチンの有効性は再び63%に上昇します。

「ブースターされたとき、その増加は非常に重要です。つまり、ブースターの効果は約63パーセントの保護を提供することができるからです。

その有効性は現在約63パーセントです」とウィーン氏は述べ、ブースターワクチンの有効性を説明しました。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す