Hino Dirikan Pusat Pelatihan Berkendara
bagi Sopir Truk dan Bus

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Jumat, 28 Januari 2022 08:00 WIB


日野インドネシアは、西ジャワ州プルワカルタのコタブキットインダ(KBI)エリアに運転トレーニングセンターを建設しました

日野トータルサポートカスタマーセンター(HTSCC)と名付けられたこの運転訓練センターには、死角試験場、検査室、ストップ&ゴー、縦列駐車、S字カーブ、ヘアピンターン、リバースパーキングなど、さまざまな基本的な運転訓練施設があります。

サークルロード、ポータル、クランクロード、セーフティブレーキなど、これらの施設は屋外エリアにあります。

建物の中には、国立教育基準局(BNSP)を参照してトレーニングに参加するドライバーのためのドライビングシミュレーターとクラスがあります。

このトレーニングセンターは、24,000平方メートルの面積です。

日野は、インドネシアで唯一、顧客ドライバー向けの運転訓練センターを備えた商用車ブランドであると主張しています。

日野自動車セールスインドネシアの内田真人社長は、この施設は安全運転技術、ブレーキ技術、良い運転、経済的な運転、毎日のチェック、死角確認技術などの安全なトラックとバスの運転訓練に使用されていると述べました。

トレーニングはすべて、日野自動車株式会社が提供するビデオ学習によってもガイドされます。

実習に加え、日野の車両技術、車両と人間の特性、基本的な英会話により、情報の更新などの理論的なトレーニングも提供されました。

「日野トータルサポートトレーニングセンターをドライバートレーニングセンターとして建設し、信頼できる整然として、ドライバーによる安全で経済的な輸送を確保しました。

この施設は、日野の熱心な顧客がドライバーの運転技術を継続的に向上させるために使用できる」と語った。

内田氏は、この施設には信頼できる訓練を受けた認定インストラクターもいると付け加えた。

日野は現在、専門資格認定機関、職業訓練機関を「日野自動車販売」にてインドネシアが持っています。

「この施設からできるだけ多くの運転安全大使を輩出し、これまで政府と一緒に安全運転の分野で行ってきたことを完成させ、安全運転が国民文化となるようにしたいと考えています」と彼は語った。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す