皆様とどうぞ共有ください!

Menkes Pastikan Varian BA.2 ‘Son of Omicron’
Ada di RI, Ini Pesan Pakar

オンラインメディア「Detikom」が伝えています」
Jumat, 28 Jan 2022 07:22 WIB


保健大臣のブディ氏は、オミクロンBA.2変異体、別名「オミクロンの息子」がすでにインドネシアに存在することを確認しました。

検出結果から、10件と推定されます。

保健大臣によると、このオミクロンの<サブ>バリアンス(変異体)は、インドネシアでオミクロンの症例をスクリーニングするために使用されてきたS遺伝子標的障害(SGTF)PCRテストを使用して検出するのがより困難です。

しかし、彼はインドネシアがまもなく2つの亜種を検出する機能を備えることだろうと確認しています。

別途連絡を取り、分子生物学者のアフマド・ルスダン・ウトモ氏も同じことを説明した。

<より速く広がる疑い>

2021年7月にインドネシアを含む多くの国でCOVID019症例の大規模な急増を引き起こしたデルタ変異を含み、オミクロンBA.1バリアント(オミクロン自身)が他のコロナバリアントよりも速く拡散したことを考えると、BA.2(変異体)はオミクロンバリアントよりも速く広がると思われます。

しかし、それに加えて、アフマド氏は、これまでBA.2がオミクロンBA.1バリアントよりも深刻な症状を引き起こすことは、証明されていないと説明しました。

「BA.2の広がりはより速いく、広いと思われるが、それが症状の重症度も引き起こすかどうかは不明である。

これまで、BA2の蔓延の増加に続いて、入院しているCOVID-19患者の数は増加していません。」と彼は説明しました。

「確かなことは、一般的にすべての亜種がまだCovidとして検出されているということです。

これは、緩和策が依然として、従来通りであることを意味します。つまり、ヘルスケアとワクチン接種です」とアフマド氏は結論付けました。




ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む