Kasus Covid-19 Naik,
Asesmen Level PPKM Ikuti Aturan Berlaku

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Kamis, 27 Januari 2022 | 23:42 WIB


コミュニティ活動制限(PPKM)の実施レベルの評価は、Covid-19の症例が引き続き増加しているにもかかわらず、依然として今の規則に従います。


これは、IDI Covid-19タスクフォース教授の議長の提案に応えて、Covid-19タスクフォースの健康管理責任者であるアレクサンダー博士によって伝えられました。
水曜日(2022年1月26日)に、Covid-19の陽性症例の1日あたりの増加は7,010に達し、陽性率は2.87%でした。
国立病院BOR(ベット占有率)は9.77%、陽性症例は29,277。
アレクサンダー氏は、データはジャカルタ地域とそのボデタベックの集積だけでなく、全国的な事例であると述べた。
再適用されるPPKMレベルの評価は、該当する規則に従う必要があります。
「したがって、7つの地域でのみオミクロンの症例を報告したインドネシアでは、まだCovid-19の症例であり、デルタ、ベータ、およびガンマの亜種である可能性があります。
一方、オミクロンはジャカルタ、西ジャワ、バンテンに集中しています」と語った。
またPPKMのレベルを上げるための理由があります。
たとえば、世界保健機関WHOによって設定された、病床占有率(BOR)、陽性率、毎日の症例、活動的な症例など。
「私が考えるのは伝染ですが、死ではありません。
病院のICUは比較的小さいです。
BORは増加しましたが、現在のケースの増加は、1月上旬に2週間を加えて終了した年末の休日の影響である可能性があることを忘れないでください」とアレクサンダー氏は述べています。
彼によると、現時点では、年末年始の休日に、オミクロンが海外から国内に持ち込まれ、すでに国内で伝染していると感じられます。
「本来のPPKMレベルは、決定されたPPKMポイントのはずです。たとえば、現在DKIジャカルタレベル2がレベル3に引き上げられた場合は、WHOによって設定された数値の陽性率、陽性症例の割合を超えている必要があります。
だから、ただ上げることはできない」と語った。

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す