Kemenkes Sebut Covid-19 di Indonesia
Paling Terkendali Dibanding 5 Negara Asia

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Sabtu, 29 Januari 2022 | 09:19 WIB


保健省は、インドネシアのCovid-19は、アジアの他の5か国と比較して最も制御下にあると述べました。これは、他の国からあまり高くない追加の症例の数によって証明されています

人口100万人あたり新たに確認されたCovid-19症例であるourworldindata.orgのデータに基づくと、インドネシアでの症例の追加のグラフは主に傾斜しています。 Covid-19の追加の確認された症例の数は、インド、フィリピン、シンガポール、マレーシア、タイと比較して少ないです。

1月26日現在、インドネシアの陽性確認率は人口100万人あたり13.27人でした。シンガポールよりはるかに低く、人口100万人あたり825.80人、フィリピンは人口100万人あたり233.71人、インドは人口100万人あたり220.71人、マレーシアは人口100万人あたり121.19人、タイは人口100万人あたり110.20人に達しています。

保健省のCovid-19ワクチン接種のスポークスパーソン・シティ・ナディア氏は、保健省がCovid-19の蔓延を防ぐために、各地域のコミュニティ活動(PPKM)に一定レベルの制限を課したと述べました。

ナディア氏によると、PPKMには、マスクの着用、一定距離の維持、石鹸での手洗い、人流の低下、群衆からの遠ざかりなど、厳格な健康プロトコルが伴うという。

「少数または多数の追加の症例があるたびに、病院で適切なケア管理が即座に実行されるように、これらの取り組みは一貫して実施され、定期的に評価されています。

ナディア氏は、土曜日(2022年1月29日)にBeritasatu.comが受け取ったプレスステートメントで述べた。

ナディア氏はまた、病院の施設、特に治療ベッドの提供が最大限に提供されると述べた。 全国的に、保健省は病院に120,000から130,000の治療ベッドを提供しています。

さらに、人流を減らすために自己隔離された患者に遠隔医療サービスを提供していると言いました。

このサービスは、患者さんが無料の薬を手に入れるための相談をしやすくすることを目的としています。

「私たちは、それが本当に重要でない限り、旅行しないように人々に常に促します。

  現在でも、オミクロンの亜種が発生している最中、この亜種の多くの症例は海外で発生するため、私たちは常に海外旅行を延期するよう国民に求めています」とナディア氏は述べています。

<簡単解説・コメント>:

ここで考えなければならないのは、やはり日本のコロナ対応です。

インドネシアでは、日本のように医師業界や薬品業界などに、ほとんど忖度せずに、ほぼ国民の方を向いた政策を打っています。それは、シノバックやシノファームなど中国製のワクチンを入れてしまっているという、愚策かもしれない事はありますが、感染者数の現在の結果だけを見ると、国民のためになっているという方向に解釈できると思います。

さらに、多くのオンライン記事から、推測すると自宅療養と言っても、ご近所や町内会での働きかけが、うまく回っているようにも思います。

さて、日本人でも、いわゆる日本人が住むアパートではなく、インドネシア人と普通に接する事が多い、一軒家などに住む日本人の方々の周りではいかがでしょうか?状況を共有していただけないでしょうか?そうすると、素顔のインドネシアが見えてきます。在住の日本人の方々のためにも役立ちます。このような境遇の方は、ぜひコメントをお願いいたします。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す