皆様とどうぞ共有ください!

Macam-macam Omicron dan
Perbedaan Hasil Tes PCR

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Sabtu, 29 Januari 2022 09:10 WIB


現在、オミクロンウイルスのSARS-CoV-2変異体は、その遺伝子構成に基づいてB.1.1.529、BA.1、BA.2、およびBA.3に分類されます。

 特にオミクロンBA.2の場合、このサブバリアント(変異体)には他のオミクロンサブバリアントの結果とは異なるPCR結果が出る可能性のある変異があるため、世界の専門家が注目しています。

先週の木曜日、2022年1月27日、オンライン記者会見で、Covid-19処理タスクフォースの全国スポークスパーソン、ウィク氏は述べた。


参考記事


ウィク氏は説明しました、オミクロンの4つのサブバリアントはすべてまだ研究過程にあり、WHOからのさらなる報告はありません。

「政府は、海外旅行者の政策から健康プロトコル規律の施行まで、実行された全体的な予防戦略を常に評価し、監視している」と彼は述べた。

2021年12月16日の最初の出現から先週の水曜日まで、6週間以内にインドネシアで1,766例のオミクロンが検出されました。

同時期で比較した場合、Covid-19の追加の陽性症例の総数は41,549症例でした。

これは、これまでに検出されたオミクロンの亜種が、インドネシアの陽性症例全体の4.25パーセントを引き起こしたことを意味します。

ウィク氏は、現在のオミクロンの症例は、PCR検査とそれに続く既存の陽性症例のサンプルの全ゲノム配列(WGS)によって検出された症例であるとすぐに付け加えた。

  「それは実際の症例数を表していないかもしれない」と彼は言った。


<簡単解説・コメント>

オミクロンも、少なくても4種類あり、その中でもさらに違ったPCR検査結果が出る?

では、違う名前にしたら?と思うのは、私だけでしょうか?

さらに上記の数字が本当であるとすると、オミクロン変異体の数が、95%以上もあり、デルタなどの変異体が、まだまだ主流である?という解釈になってしまう。

インドネシアでのオミクロン感染という判断を出せる、試薬や機械が揃っていないからであるという、一部の人の話もこの結果と見ると、頷いてしまう。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!



カテゴリー「ニュース」記事リスト



ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む