皆様とどうぞ共有ください!

Lebih Sangat Menular,
Varian Baru Omicron Bikin
Khawatir WHO

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
29 January 2022 19:45


米国では、新しい症例のほぼ半分が、元のオミクロン変異体よりもさらに感染性の高い新しいコビッド亜変異体(BA.2)によって引き起こされています。

グローバルデータベースによると、米国の州のほぼ半数がBA.2の存在を確認しており、これにより全国で少なくとも127件の症例が発生しています。

デンマークの感染症を調査監視しているStatens Serum Institute(デンマーク国家血清研究所)によると、このBA.1サブバリアントであるBA.2は、元のオミクロン株の1.5倍の感染力があります。

「現在、BA.2がBA.1系統よりも、困難であるという証拠はありません」とアメリカ疾病予防管理センター(CDC)の広報担当クリステン・ノードランド氏は述べています。

BA.1とBA.2には、突然変異で、多くの違いがあります。 BA.2変異体には、受容体との結合部分と知られる5つの固有の変異があり、これらも頻繁に高い伝達率と関連しています。

英国の健康安全局は金曜日に、BA.2は元のオミクロン(BA.1)よりも大幅に成長した点があると述べました。

しかし、最初の評価では、BA.2は元のオミクロン(BA.1)よりもワクチンの有効性を低下させるようには見えなかったことがわかりました。

このため、ブースター用量は、注射を受けてから2週間後に、BA.2の症候性疾患を予防するのに70%有効であると評価されましたが、元のオミクロン株では63%有効でした。

世界保健機関(WHO)は、BA.2にまだ心配な変種のラベルを付けていません。

しかし、WHOの関係者は、オミクロンが前例のない速度で世界中に広がるにつれて、この新しい亜種が出現するだろうと繰り返し警告しています。

WHOのCovid-19テクニカルリーダーである、マリア・ヴァン・ケルコフ氏は、次のCovid-19変異体はより伝染性が高いと警告しました。

「大きな問題は、将来の亜種が多かれ少なかれ深刻になるかどうかだ」と彼は言った。

これを防ぐために、ファイザーとモデルナは今週、元のワクチンによって誘発された免疫が衰えるにつれて、新しい変異体が出現し続ける可能性があるという懸念の中、特別なオミクロン注射に関する臨床試験を開始しました。


<簡単解説・コメント>

オミクロン のさらなる新種「オミクロン の子供」という名前で、いくつか記事を書かせていただきましたが、新変異体(亜種)がさらに、変異していくというのが常だそうです。

但し、同種に扱われるようです。多くの人に感染を繰り返すと、このコロナウィルスは、感染していく上で、多くのウィルスを増殖していくというプロセスがあり、その中で同じ物をコピーしいくのが、通常の成長ですが、そこにエラーが起きて、偶然か必然か?さまざまな部位で違う物をコピーしてしまう。

このような過程で生まれて来たものがこの「BA.2」です。しかし我々のできる事は変わらない。通常の健康プロトコールを守り暮らす事や、新しく出来てくる薬を飲んだり、免疫を高めるための努力を怠らない事です。

参考記事:BA.2「Son of Omicron」変異体がインドネシアに存在することを確認(保健大臣)




ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む