Triwulan Pertama Vaksinasi Booster
Gunakan AstraZeneca

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Sabtu, 29 Januari 2022 | 16:41 WIB


保健省のCovid-19ワクチン接種のスポークスパーソンであるシティ・ナディア 氏は、政府が今年の最初の3か月でアストラゼネカワクチンを使用した追加ワクチン接種に焦点を合わせ始めたと述べました。

「2022年の第1四半期には、アストラゼネカワクチンの入手可能性が非常に高いことから、ブースターワクチンの割り当てが優先されます。」

ナディア氏は土曜日(2022年1月29日)にBeritasatu.comが受け取った声明を通じて言った。

ナディア氏によると、今年の第1四半期に実施された追加免疫療法は、シノバックの初回投与量のターゲットに対するものであり、その後、アストラゼネカワクチン半量(0.25 ml)、または半量ファイザーワクチン(0.15 ml)が投与されます)

一方、アストラゼネカの一次接種のターゲットの場合のモデルナワクチンの半量(0.25 ml)は、ファイザーワクチンの半量(0.15 ml)、またはアストラゼネカワクチンの全量(0.5 ml)にすることもできます。

ナディア氏によると、規制によれば、アストラゼネカワクチンは8〜12週間間隔で使用できますが、一次投与の達成を加速するために、アストラゼネカワクチンは8週間間隔で投与されます。

さらに、彼女はまた、ブースターワクチン接種プログラムは、70%の目標達成と高齢者の線量のカバー率が少なくとも60%になるのを待たずに、一般市民のすべての地区/都市で同時に実施できると述べました。

ブースターワクチン接種者の要件には、IDカード/ KKを持参するかPeduli Lindungアプリケーションを介してNIKを示す、18歳以上で、少なくとも6か月前に完全な一次ワクチン接種を受けたワクチン接種者候補が含まれます。

関連記事:


<簡単解説・コメント>

普通の方々に向けても、ブースター接種がぼつぼつ始まってきました。インドネシアの特徴としましては、半分の容量を打つ事になっています。日本やその他の国との大きな違いではないでしょうか?

理由は、十分な検証と反作用の事を考慮に入れて、考えられたようです。

それとシノバックやシノファームの不活性タイプのワクチンを一次で接種している方々が多いので、同じ種類にするか?異種のワクチンにするかなど、選択した多種多様です。

そこで、在庫の事も考えられて、アストラゼネカを中心にブースターが行われます。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す