Tangkal ‘Permainan Karantina’,
Anggota DPR Minta Turis
Diizinkan Tes PCR Ulang

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Senin, 31 Jan 2022 07:50 WIB


ウクライナの観光客は、検疫期間の終わりに陽性と判定され、再PCR検査が許可されなかった後、疑わしいCOVID-19「検疫ゲーム」を報告しました。

国会の委員会IX、ラーマド議員は、政府は観光客にPCRの再検査を許可する必要があると述べた。

「タスクフォースは保健省と協力して、関係者の意向に基づいてセカンドオピニオンの許可またはセカンドテストの許可を実施しています。

しかし、それは政府によって任命された臨床検査でなければなりません。この場合は保健省です。」

ラーマド氏は日曜日(2022年1月30日)に記者団に言った。

彼はまた、観光客に、どの場所でも良いという訳でなく、PCRを勝手にテストしないように求めました。

さらに、政府に疑惑のCOVID-19「検疫ゲーム」の真実を調査するよう要請した。

「この場合、政府は調査結果が真実であるか、調査結果が一方的なものであるかにかかわらず、正しい措置を講じる必要があります」とラーマド氏は説明しました。

「調査結果が真実であり、厳格な制裁が必要な場合に」と彼は述べた。

疑惑のCOVID-19「検疫ゲーム」は、観光クリエイティブエコノミー大臣のサンディアガ・ウノ氏によって明らかにされたことが知られています。

サンディ氏はメールの形で苦情を受け取りました。

犠牲者は電子メールで彼に不平を言った、ウクライナの観光客であると言いました。

観光客は子供と一緒にバリに休暇をとり、規則に従って検疫を受けました。

しかし、検疫の最終日には、症状がないと主張しているにもかかわらず、PCR検査の結果は陽性でした。

「先週、ウクライナからの観光客の一人から、バリでの休暇を計画していた彼と彼の娘が困っているという報告を受けました。」

サンディ氏は土曜日(1月29日)の公式Instagramアカウントに書いています。

その後、観光客はPCRテストを再度行うために助けを求めました。

彼は検査結果が間違っていると信じていたが、検疫官によって提供された場所以外からの検査を実施することを係員は許可しなかった。

その後、彼らは多額の費用で、再度の検疫を提供しました。 このウクライナの観光客はだまされたと感じています。

観光クリエイティブエコノミー省(Kemenparekraf)は、サンディ氏がすぐに苦情に対応したと述べた。 今、観光客はバリへの休暇中です。

<誤解>

観光クリエイティブエコノミー省は、ホテルと観光客の間に誤解があったと言いました。 当省は、これが二度と起こらないように評価を行ったと述べた。

「現場での調査結果に基づくと、これはプロバイダーと旅行者の間で起こる多くの誤解です。

観光クリエイティブエコノミー省が日曜日(2022年1月30日)に受け取ったプレスステートメントによれば、当省は、この事件が二度と起こらないように新しい規則を作ったと言った。

それは、当省は、海外からの観光客のためのヘルプデスクを開設。


<簡単解説・コメント>

バリでの観光が再開されていますが、このPCR検査が原因のトラブル。外国人であるウクライナの家族が、隔離期間を終えたので、開放されると思っていたのが、隔離終了時のPCR検査で陽性になった事で、さらなるテストを要求したが、高額の費用が掛かった。

不思議なのは、この事件の後の検査結果が記事に無い事と、彼らの現状が明確に書かれていない。ヘルプディスクを開いたのであるならば、その辺のフォローも、はっきりオープンにして欲しい!


 

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す