Pemda Se-Jabodetabek Didorong Batasi
Mobilitas Masyarakat

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Senin, 31 Januari 2022 | 01:48 WIB


Covid-19処理タスクフォースの政府スポークスパーソンであるウィク教授は、3つの州でのコミュニティの移動に対する制限を奨励しました。

つまり、DKIジャカルタ、西ジャワ、バンテンは、これら3つの地域が全国的なCovid-19感染の最大の原因であると考えています。

ウィク氏は、タンゲラン県と市、ボゴールリー県と市、ブカシ県と市などの集塊地域と緩衝地域としての3つの州に、オミクロン変異体が他の領域に広がらないようにするために。

特にジャボデタベックでのコミュニティの移動に対する制限は、特にCovid-19の感染を防ぐと予想されると述べた。

「オミクロンの亜種からのCovid-19の症例が広がるのを防ぐ方法は、これら3つの州の人々がどこにも行かない事で、症例が減少します。」

日曜日(2022年1月30日)にBeritasatu.comから連絡を受けたとき、ウィク氏は言った。

ウィク氏は、3つの州でコミュニティの移動を制限する手段は、2週間以内にCovid-19の症例を減らすために、ジャボデタベック全体でコミュニティ活動制限(PPKM)レベル3またはレベル4の実施レベルを上げる方針によるものであると述べました。

彼はまた、地方自治体が健康プロトコルに関連するキャンペーンを実施することを奨励し、すべての分野の人達が、自宅から公共の場や職場での活動になるように。

さらに、オフィスは再び在宅勤務(WFH)の数を増やすように。

現在、Covid-19の最も多い陽性症例は無症候性(OTG)で軽度の症状ですが、併存症のある人や高齢者は、移動を制限しない場合、感染して中等度または重度の症状を示す可能性があります。

DKIジャカルタでは、全用量のワクチン接種率が高いため、COVID-19の多くの症例は、軽度の症候状態になっています。

一方で、全用量ワクチン接種の適用範囲の緩衝地帯はまだ低いです。

たとえば、ボゴールとベカシの地域では、両方のワクチン接種の用量がまだ低いため、保護が最適ではないため、人々がCovid-19に感染する可能性はさらに高くなります。

「このため、緩衝地帯政府は予防接種を強化しなければならない」と彼は言った。

タスクフォースは、国内で最も高い症例を出している3つの州に、2週間の症例の削減を目標にするよう要請した。

したがって、全国的にCovid-19の症例を減らすことに影響を与える可能性があります。

「これら3つの州は国全体の88%を占めているので、国益のために、今後2週間ですべての州が同じ目標を掲げており、事件数は減少するだろう」と彼は述べた。


<簡単解説・コメント>

インドネシアに於いて、オミクロン株が1番多いコロナか?という結果はまだ出ていませんが、 今までの対応の仕方を引き続き続ける、インドネシア政府。たとえば人流抑制。

日本と絡んで1つ疑問があるのですが、考えた事はありませんか?

なぜなら不思議に日本では、この人流抑制があまり効果が出ない。もっと言うと、日本の政府は本当に、コロナウィルスをコントロールできているのか、疑問に思ってしまいます。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す