Luhut: Kasus Harian Omicron
Bisa Tiga Kali Lipat dari Delta

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 31 Jan 2022 15:41 WIB


海事投資調整大臣のルフット氏は、Covid-19ウイルスのオミクロン変異体の毎日の症例はデルタ変異体の3倍に達する可能性があると述べました。

ルフット氏によると、注意を怠ると第2波のピークで、1日あたり57,000件に達した、1日あたりの件数を上回る可能性があります

「このデータから、インドネシアの入院数は、1日あたりの症例数が昨年の3倍以上、約57,000件増加した場合、デルタよりも多くなる可能性があると分析しました。

注意しないと3倍になるかもしれない」と語った。

彼は、オミクロン患者の入院数が実際にはデルタ型よりも少なく、3分の1であることを明らかにしました。

しかし、他のさまざまな国からデータを収集した後、オミクロンの症例数はデルタの3倍でした。

「さまざまな情報源から収集したデータによると、米国、イスラエル、南アフリカ、英国のいくつかの国でのオミクロンの入院率は、デルタより3分の1低い」とルフット氏は述べた。

「しかし、デルタと比較して症例数が3倍以上になっているため、国内の入院数ははるかに多い。

そのため、私たちが決定を下す際に行う決定は、実際には現場のデータと条件に基づいています」とルフット氏は述べている。


<簡単解説・コメント>

インドネシアでのオミクロンの正体が、徐々に見えてきました。その上でルフット大臣は、予想してはいたが、驚くべき具体的な数字を出して、注意喚起を促した。 

情報を収集している国々について、オミクロンの暴露率やその他の変異種の伝染率が同じではないので、正確な比較はできないが、国内の病院の逼迫を心配している。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す