Menkes Bawa Kabar Baik
di Tengah Lonjakan Omicron,
Simak Baik-baik

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Senin, 31 Jan 2022 17:31 WIB


ブディ・グナディ・サディキン保健相は、感染が急増する中、オミクロンについて良いニュースをもたらしました。 明らかに、入院しているオミクロンの患者は、症状がなくても、軽度のCOVID-19症状が依然として支配的です。

月曜日(2022年1月31日)の記者会見で、保健大臣は、「重症の患者は、約8パーセントの酸素を必要としている」と述べた。

詳細に説明すると、軽度から無症候性の入院を伴う陽性オミクロン症状の約90%の中、症状のない35%から45%。 軽度の症状のあるオミクロンの患者は50パーセントの範囲でした。

このデータは良い兆候ですが、保健大臣は、まだ知られていないオミクロンに関する多くの不確実性がまだあることを強調しました。

「侮らないでください」とメッセージ。

もう1つの良いニュースは、オミクロン感染の治癒率が、デルタ変異体よりもはるかに高いことです。 同様に回復期間が短い。

したがって、ブディ保健相は、軽度の症状、あるいは症状がなく陽性のオミクロン患者に、自宅でのみ治療を受けるべきであることを再度思い出させました。

患者が中等度または重度の症状にならない、正常な酸素飽和度の場合は、緊急に病院に連れて行く必要がないことを示しています。

一方、保健大臣は、5人のオミクロン患者が死亡したことを強調した。

5人の患者は主に高齢者であり、完全なワクチン接種を受けていませんでした。


<簡単解説・コメント>

オミクロンの正体が、ほぼわかって来た中でインドネシア政府としては、やはり1番心配するのは、病院のベット稼働率であったり、ICUの稼働についてです。コロナ以外の病気で、入院希望をする患者さん達も助けなければなりません。そこで、なるべくなら、自宅で直しましょう。というお話。



皆様とどうぞ共有ください!

1 thought on “注意深く!保健大臣はオミクロンの急増の中で良いニュース

  1. オミクロンの大きな問題は感染しても無症状が多い事です。
    彼らは感染している事に気が付かず人混み等でウイルスを撒き散らします。
    結果基礎疾患がある方、高齢者、肥満体の方に感染して重症化します。
    日本も急に重症化や死亡する方が増えて来ました。
    侮ってはいけません。

コメントを残す