皆様とどうぞ共有ください!

Jokowi Minta Kapolri Usut
Tuntas Permainan Karantina!

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Selasa, 01 Feb 2022 08:32 WIB


ジョコ・ウィドド大統領は、検疫ゲームを徹底的に調査するよう要請した。 ジョコウィは、検疫プロセスに関して外国人から多くの苦情を聞いたことがあることを認めた。

 

関連記事「検疫ゲーム」:「検疫ゲーム」と言われている問題について、国会議員は観光客に繰り返しのPCRテストを許可するように!

これは、大統領が月曜日にPPKM(行動制限)で仮想限定会議の議長を務めた時に、彼の指令の写しが火曜日(2022年1月2日)に内閣官房にアップロードされたときに伝えられました。

警察署長のリストヨ・シギット・プラボウォ氏に、疑惑の検疫ゲームを徹底的に調査するよう指示しました。

「入口を厳しくし、海外からの正しい検疫プロセスを実施するための規律。「検疫ゲーム」を徹底的に調査するよう警察署長に依頼します。

はい、私はこれについて私に不平を言う何人かの外国人から聞いたので」とジョコウィ氏は言った。

「短期的には、低い立場や症状のないポジティブな人々のための大規模な教育を強​​化する必要があります。

地域医療クリニック、医療施設、または遠隔医療で独立して医師に相談することにより、自己検疫を実施する。そして、これらの薬局の薬の在庫は本当に管理されなければなりません」と大統領は言いました。

さらに、ワクチン接種、特に子供と高齢者のためのワクチンの強化を求めました。

「最後のものはワクチンに関連しています。

引き続き1、2回の予防接種(投与量)を加速していただきたいと思いますが、ブースター、特に6〜11歳の子供や高齢者の予防接種の達成も引き続き加速していただきたいと思います」とジョコウィは述べた。 


<簡単解説・コメント>

この検疫ゲームについての報道は、参考記事に書いてありますが、ウクライナ人がバリに観光に来て、既定の規則に則り、検疫期間を過ぎた後に最後のPCR検査を受けた時に起こった事件。

インドネシアの政令では、検疫終了(当時1週間程度)時にもPCR検査を受ける義務がある。このウクライナ人が、検疫隔離中に、コロナの症状がなかったために、そのまま観光に出ようとした所、この検査で陽性になったために、再度検査を要望したが高額な金額を請求された。という話。

報道が片手落ちなのは、現在ウクライナ人は、バリにて楽しんでいるが、再検査で陽性であったのか、陰性で治療を続けたのかが、書いていない。これでは判断ができない。最後までしっかり報道していただきたい。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 


ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む