Di Tulungagung,
Varian Delta Mendominasi

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Senin, 31 Januari 2022 | 22:43 WIB


東ジャワのトゥルンガグン県でのCovid-19の取り扱いを加速するためのタスクフォースは、現時点でこの地域でCovid-19の症例が増加していると述べました。

オミクロン(B.1.1.529)よりもデルタバリアント(B.1.617.2)が支配的です。

「現在、トゥルンガグンでは36の陽性症例があり、それらはデルタ変異体によって支配されています」と彼は言いました。

Covid-19タスクフォースのスポークスマンでもあるトゥルンガグン地区保健局の長、カシル・ロクマット博士は月曜日(2022年1月31日)に言った。

現在、ほとんどのケースは2つの大きなクラスター、つまり公立高校ボヨラング・1とイスラム寄宿学校で見られます。

36の新しい症例のうち、6つのサンプルがオミクロン変異体であると疑われ、スラバヤの研究所に送られました。

結果は来週に公開されます。

カシル氏は、オミクロンは、デルタと比較して、死亡の割合は治療の続行に比べて、非常に低いと述べた。

しかし、オミクロンの変種の伝達速度はデルタの伝達速度よりも速いため、警戒を続けています。

「私たちは、オミクロンよりもこのデルタ変異体を恐れています」と彼は言いました。

彼は、実施されたワクチン接種は必ずしも、全ての人からCovid-19感染を妨げるわけではないと続けた。

ワクチン接種は、ウイルスに襲われた時の準備です。

しかし、ウイルスに対する体の強さは、人の体の状態にも基づいています。

症状は軽度ですが、体が健康でない場合、オミクロン亜種は致命的となる可能性があります。

彼は、Covid-19の感染から身を守るために健康プロトコルを適用し続けるように市民に忠告しました。


<簡単解説・コメント>

このように、インドネシアの地方では、まだデルタ株が残っているようです。と言う事は、デルタ株とオミクロン株の特徴が違う所から、対応策が微妙に変わるので、一概に、オミクロン株に対応する政策では、デルタ株による集団感染による死者が心配される。判断が難しい所だが。マスクなどの健康プロトコールを守る事が、最大の防御になるでしょう。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す