Ekstra Waspada!
63 Persen Omicron Gejala Berat
Berasal dari Kelompok Ini

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Senin, 31 Jan 2022 21:01 WIB


ジャワバリPPKM(コミュニティ行動制限)コーディネーターのルフット大臣は、中等度から重度の症状のあるオミクロン患者に関するデータを公開しました。

インドネシアの患者データに基づいて、COVID-19・オミクロンにさらされた時に最も脆弱である、政府によって分析された3つのグループがあります。

「重度または中等度の症状を経験した27人の患者から私たちが見つけたデータに基づくと、59%が併存症を持っていました。

ですから、併存症のある友人には注意してもらいたい」と語った。

他の30%は高齢者、つまり60歳以上です。

ルフット氏はまた、このグループに、厳格な健康プロトコルと追加ワクチン接種で自分たちを強化するよう訴えました。

ルフット氏は続けて、データはまた、一般的に死亡した人々が完全なワクチン接種をしていなかったことを示しました。

これは、高齢者や併存症のある人に加えて、このグループの死亡リスクを示しています。

「したがって、完全にワクチン接種されていない人も、非常に悪いことを経験する機会があります」と彼は続けました。


<簡単解説・コメント>
一つ前の記事でも書きましたが、どうやらインドネシアには、デルタとオミクロンが居るようです
デルタは重症化になるリスクが、オミクロン に比べて高いというのは、わかっているようです。
 
であると対応の仕方も、多少違うのかもしれません。どちらであるかを見分ける事が必要。
 
そこで日本人である我々は、考えなければならない事があるように思いました。
日本でもオミクロン が多くなっていていますが、比べて見るとわかるのですが、国民に伝える方法やその発信する言葉の調子が違っています。インドネシアでは、担当大臣が、直接国民の前に出て、リーダーとなり発言する。そこには、強いリーダーシップがあり、付いて行こうという気にさせます。
そこには、一致団結して、みんなで乗り切ろうという、強い意志が感じられます。
 

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す