Menkes Siapkan Avigan dan Molnupiravir
untuk Pasien Omicron Bergejala

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Selasa, 1 Februari 2022 | 16:00 WIB


政府は、オミクロン変異体の市中感染の増加に関連するCovid-19の第3波に対処するための戦略を準備しています。

政府によって準備された戦略の1つは、医療専門家組織によって承認されたCovid-19治療薬、すなわちアビガンとノルヌピラビルを確保することです。

薬物療法の提供は、軽度、中等度、重度のいずれかの症状を伴うCovid-19陽性者であることが確認された人々を対象としています。

軽度の症状のある患者の場合、保健大臣は、彼らが自己隔離し、遠隔医療アプリケーションを通じて薬を購入できるようにすることを推奨しています。

インドネシアでのCovid-19症例の増加、特にオミクロンの亜種については、

保健大臣は、ファビピラビル(アビガン)とモルヌピラビルの2種類の抗ウイルス薬を用意しました。

これらは、専門機関のメンバーである医師の推奨に従っています。

専門機関によって承認された2つの薬であるファビピラビル(アビガン)とモルヌピラビルの2000万回以上の投与量を準備しました」と彼は言いました。

月曜日(2022年1月31日)の仮想記者会見で、ブディ・グナディ・サディキン保健相は述べた。

さらに、保健大臣は、この抗ウイルス薬は使用できますが、医師の処方箋が必要であることを強調しました。

「症状がある患者のために、この抗ウイルス薬を2,000万回以上準備しました。これは処方箋によるものでなければならず、医師、薬局、遠隔医療、および専門機関によって承認されたもので行うことができます。」保健大臣は言った。

インドネシアでは、アビガンの商標でファビピラビルが利用可能です。 アビガン製品の販売許可を取得しているインドネシアの製薬会社の1つは、PT.Dexa Medicaです。

アビガン(ファビピラビル)自体は、2020年9月3日から食品医薬品局(BPOM)からCovid-19患者の治療のためにEUAを受けている日本の製薬会社である富士フイルム富山化学が製造した製品です。


<簡単解説・コメント>

担当大臣が積極的に情報公開して、安心させてくれるインドネシア。国会で聞かれないと答えない日本政府。

しかも嬉しいのは、日本でもあまり使われていないと言われている、日本の製薬会社の「アビガン」が使われるという情報。

是非役に立っていただきたい。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す