皆様とどうぞ共有ください!

Magang Jadi Petani di Jepang,
Mahasiswi Indonesia Ini Dapat Rp 1,3 Juta/Hari

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
水曜日, 02 Feb 2022 08:00 WIB


日本でのインターンシッププログラムに参加したインドネシアのこの学生は、そこでの農民の活動を体験する機会がありました。 1日あたり最大130万ルピアが支払われます!

大学での活動は通常、スキルを積み重ね、学生が後で専門家の世界に入る準備をするように、体系的になっています。

実習からインターンシップ活動まで、学生の能力を伸ばします。

学生が食料を加工するために、農地に行かなければならないことを含む特定の勉強のいくつかの活動を含みます。

海外でインターンシッププログラムを実施しているキャンパスも珍しくありません。

日本でのインターンシッププログラムに参加したインドネシアのこの学生は、そこでの農民の活動を体験する機会がありました。 1日あたり最大130万ルピアが支払われます!

そのうちの1つは、日本のきのこ会社と提携しているボゴール市の州立大学です。

プログラムに参加した学生の一人は、日本でのインターンシップ中に彼女の興奮を共有しました。

TikTok @heyedle(1月31日)を引用して、プトリー・カイルニンサという名前の学生が、日本のきのこ会社でインターンシッププログラムを受けている間、彼女の活動を共有しました。

他の3人の友人と一緒に、彼女はすべてのステップで、とても真剣に見えます。

「ボゴールの州立大学のプログラムである、キノコ会社のインターンシップをしました。

全ての過程(上流から下流へ)のきのこについて学びます。

苗床の整備に続き、生産物を収穫します(きのこを切り、品質管理のために包装する方法」と、プトリーさんはdetikcomに語った(2月1日)。

きのこ栽培だけでなく、彼女とその仲間たちも日本の農業技術について多くのことを学びます。

彼らが遭遇したことの一つは米の農業技術であり、設備はとても洗練されていました。

彼女によれば、農民としての彼女のパートタイムの活動はそれほど疲れません。

土と種をビニール袋に入れるだけでよく、洗練された道具を使って仕事を手伝います。

日本でのインターンシップ中にプトリーの活動がアップロードされたことで、他のインターネット市民(ネチズン)の熱意が刺激されたようです。 200万回以上視聴され、多くのネチズンは、プトリーさんの体験行を試みることに非常に興味を持っています。


<簡単解説・コメント>

2月2日現在では、まだ私費留学生や技能実習生・特定技能での、入国が出来ていません。そんな中このような記事は、ますます希望を膨らませてくれる記事になっています。

この本文にあった内容を一部カットしていますが、留学生の労働時間が政府により規制されているのも事実で、その範囲で行われている事は間違い無いでしょう。そうでないと、この学生と日本の大学側にも何かしらの影響が出るからです。

ちなみにその規則が、厚生労働省のホームページに出ていますので、確認できます!

”留学生は資格外活動許可を受けた場合に、アルバイトを行うことができます。したがって、その留学生が資格外活動許可を受けているかどうかを確認し、許可を受けている場合は,アルバイトとして雇うことができます。資格外活動許可を受けている場合は、パスポートの許可証印又は「資格外活動許可書」が交付されていますので、それを確認してください。留学生については、一般的に、アルバイト先が風俗営業又は風俗関係営業が含まれている営業所に係る場所でないことを条件に、1週28時間以内を限度として勤務先や時間帯を特定することなく、包括的な資格外活動許可が与えられます(当該教育機関の長期休業期間にあっては、1日8時間以内)。なお、資格外活動の許可を受けずにアルバイトに従事した場合は、不法就労となりますのでご注意下さい。”




ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む