KSP: Presiden Jokowi Minta Obat Telemedisin
Tiba dalam Hitungan Jam

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 02 Feb 2022 08:57 WIB


大統領職員事務所(KSP)のメインエキスパートスタッフであるアブラハムウィロトモ氏は、ジョコウィドド大統領がCOVID-19患者への遠隔医療薬の配布の遅れを強調したと述べた。

大統領は、COVID-19自己隔離患者が迅速に薬を受け取ることを望んでいます。

KSPは、遠隔医療薬の配布に関する苦情の報告を受けています。

その後、調査結果が、大統領首席補佐官モエルドコ氏から、直接大統領に伝えられた。

ジョコウィ大統領は、パンデミックに対処するための準備を確実になるように、非常に詳細な部分まで気にしています。

準備は健康と経済の側面からだけではありません。

「健康面は別として、大統領は経済、教育、安全保障にも非常に重点を置いています。

本質的に、大統領は常に地域社会への奉仕が常に考慮されなければならないことを期待している」と述べた。

<遠隔医療について>

遠隔医療は、医療サービスをリモートで受けるためのオンライン医療サービスです。

このサービスは、自己隔離型のコロナ患者のために、保健省によって提供されています。

患者はオンラインで相談し、サービスを通じて無料の薬のパッケージを入手できます。

条件は、患者が最初に保健省のNew All Record(NAR)システムと提携している研究所でPCRテストを行わなければならないということです。


<簡単解説・コメント>

インドネシアは、発展途上国でも、後進国でもない!
これが、インドネシアに住む日本人の1人でもある、私の意見です。

日本の政府が行っていると思われる政治の情報は、悲しいかな、ネットでしか入っていきません。
だからという訳ではないと思いますが、今の40代以下は、おそらく情報はネットからでしょう。またそれ以上の方々でも、すぐに情報を取りたい時はネットです!だから国内でも、国外でもそう変わらず、今の、今日の日本を知る事ができると思います。

そうゆう所からすると、日本の政府や政治の動きは、とにかく遅い。確認を取ってからという事からなのでしょうけれど。通常の仕事でも、いつまでに、どの程度まで行うかで、報告が上がってきます。どうして政治だけはこれができないのか?あるいはやらないのか?

国民の命と財産を守ってください!(すいません、ちょっと熱くなりすぎました)



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す