Akhirnya, Ada Pilihan Booster Homolog
untuk Vaksin Sinopharm

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Kamis, 03 Feb 2022 06:17 WIB


Gotong Royong(相互扶助)ワクチンスキームを介したシノファームワクチンの接種者は、利用可能なオプションを簡単に入手できなかったため、ブースターを見つけることに混乱しています。

食品医薬品局(BPOM)は、ブースターオプションを追加しました。

以前に推奨されていたZifivaxジフィバック(中国製ワクチン)異種ブースターの代替として、シノファームワクチンの接種者は、同種ブースターまたは同じタイプのワクチン、つまりシノファームワクチンを使用できます。


関連記事BPOMで許可された5つのブースターワクチンの1つZivifax(中国製:ジフィファックス)


これは、火曜日(2022年2月2日)のプレスリリースで、BPOM RI(インドネシア国家医薬品食品監督庁)責任者ペニー・クルキト氏によって伝えられました。

「緊急使用の要件によると、BPOMは、18歳以上の成人に対する同種の追加免疫として、評価基準を参照してみると、シノファームワクチンの有効性と安全性を評価しました」とペニー氏は述べています。

評価結果に基づいて、BPOM RIは、Beijing Bio-Institute Biologicalによって製造された不活化ベースのSARS-Cov-2ワクチン(Vero Cell)の緊急使用許可(EUA)を発行しました。<シノファームワクチン>


関連記事:


ブースターとして、シノファームワクチンは十分に許容されます。

頻繁に発生する副反応には、次のものがあります。

<局所反応>

注射部位の痛み、腫れ、発赤

<全身反応>

頭痛、倦怠感、重症度(グレード1〜2)の筋肉痛


<簡単解説・コメント>

中国製のワクチンは、実は国内に2種類(シノバック・シノファーム)が入っていた。WHOで緊急使用許可が出ていなかった「シノファーム」が2021年新たにWHOを承認された。上記の関連記事を見ていただくとわかります。

しかし世界の一部の国(インドネシア含む)が、このWHOの承認を待たずに、少量であっても、自国民に接種させていた模様。

そこで、今回のブースを打たせなければならない段階で、インドネシア政府は困った。不活性タイプが副作用が比較的軽いのを、世界的な例で知ってはいた。一方で、国民は副作用が少ない物を選ぶ傾向がある事も知っている。さらにブースターとして、シノバックの効果が弱いという評判もあり、結論が先送りになっていた。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す