Viral Wanita Protes Terima
Hasil Positif Sebelum Tes PCR,
Bumame Minta Maaf

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Kamis, 03 Feb 2022 15:28 WIB


ブマメ診療所でのCOVID-19検査の結果に抗議する女性のビデオ。

このビデオのナレーションで、女性は、PCRまたは抗原スワブのいずれの検査も行っていないのに、なぜ彼女のCOVID-19検査結果が出たのか疑問に思います。

私はまだ到着してもいないのに、すでに結果が出ています。さらに、結果はポジティブです。」

後にザキア氏として知られるようになったこのビデオの女性は言った。

そのため、女性はブマメ診療所係員にさらなる説明を求めた。

ブマメ・ファーマシー の社長であるジェイムズ・ウィハルジャ氏は、公式の手紙を添えて広く流布されたWhatsAppチェーンメッセージで謝罪し、ついに彼は口を開きました。

detikcomによって確認された時、彼は広まった謝罪を確認しました。 「はい、それは真実です」とジェームズ氏は木曜日(2022年2月3日)にdetikcomに言った。

「ブマメ診療所の私たちは、2022年2月3日木曜日にザキア夫人がブマメ「SCBD」店で経験した不快な事件について、心からお詫び申し上げます」とジェームズ氏は述べた。

「現場スタッフの管理上のミスが原因で、エラーが発生してしまったと言っています。

スタッフは2022年2月2日に、同じ名前の別の顧客抗原とPCR検査を送りました。

関係者に強い警告を発してフォローアップした」と語った。

彼は、この事件が、二度と繰り返されないことを保証しました。

「これはチーム全体の評価になります。将来的にはすべての顧客により徹底的かつ責任を持ってサービスを提供できるようになります」と彼は結論付けました。


<簡単解説・コメント>
このような事件に、正直解説やコメントはありませんが。

インドネシアでのヒューマンエラーという事で自分の場合を、あえて申し上げれば、次のような事がありました。

ワクチン会場で起きた、ヒューマンエラーでした。通常はワクチン接種の後に、接種記録の紙を受け取る。がしかしその時は、いつまで経っても接種記録が出てこない。

1度目の接種記録と2度目の記録が書かれた紙を受け取る事ができない。自分が接種した時には、ほとんど人が終わっていたので、すぐに書類が出てくると思っていましたが、30分経っても呼ばれない!?

しびれを切らして、クレームをしたら、机の上に置いてあり、誤りの言葉もなくただ渡されました。どんな場合でも、自分の任せっきりではいけないという教訓でした。



皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す