Kemenkes Minta Positif Omicron
Tanpa Gejala Isolasi di Rumah

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
金曜日, 04 Feb 2022 09:08 WIB


保健省は、新型コロナウイルス陽性者で、症状がないか軽度のオミクロン変異体の症状の方々は、それぞれの家で自己隔離(アイソマン)していただけるようにお願いをした。

これは、先週のCovid-19症例の大幅な急増に対応して、保健省のCovid-19ワクチン接種のスポークスパーソンであるシティ・ナディア氏によって伝えられました。

木曜日(2月3日)の時点でのCovid-19タスクフォースのデータによると、陽性症例の増加は27,197に達し、インドネシアでの最初のオミクロン確認の発表以来最高でした。

「症状や軽度の症状のないオミクロン陽性の患者は、自宅で自己隔離(イソマン)することをお勧めします。」

ナディア氏は彼女の書面による声明の中で金曜日(2月4日)に言った。

ナディア氏によると、オミクロンの亜種は、アルファ、ベータ、デルタの亜種と比較した場合、伝染する速度が非常に速いという特徴があります。

しかし、症状から見ると症状は穏やかで、治癒率も非常に高いです。

「入院した患者の85%は回復しますが、重症の患者は、約8パーセントの酸素を必要とし、この事は重要です。」と述べた。

ナディア氏は、酸素飽和度が95%以上である限り、心配しないように自己隔離患者にお願いしました。

彼は、咳、インフルエンザ、発熱などの症状がある場合は、すぐに遠隔医療または地域の保健センターに相談することを提案しました。

インドネシアでのCovid-19の陽性症例は、この1週間で急増しました。 この症例数の増加は、オミクロン変異体の蔓延によるものと思われます。

2022年2月3日現在のデータによると、オミクロンの症例数は3,161例に達し、前日の報告に比べて181例増加しています。

陽性者の総数は、過去1か月で最も高くなっています。 陽性症例の増加により、Covid-19担当病院の占有率が急上昇しました。


<簡単解説・コメント>

この記事では、自己隔離を勧めています。でも患者の立場、元々の新型コロナやオミクロンという病気は、昔からある病気ではないので、知識が乏しい、よくわからない、という国民は、多くいると思います。

その中で、自分の症状を自分で的確に判断して、病院に行くのか?入院した方が安全なのか?を考えれば、まずは病院に行きたいというのが、人情です。

さらに、一人ぐらいなど、近くに相談にのってくれない環境であればなおさらです。その点インドネシアは、比較的周りに人が居るご家庭が多いので、まだ安心ですが。我々日本人も、このような事を心がける事が必要でしょう。

周りの人の協力が、その人を助ける事になると思います。孤独感を持ちやすい方などには、特に気を付けて、特にお声掛けだけでも、して差し上げる事が大切なのかもしれません。



皆様とどうぞ共有ください!

3 thoughts on “保険省からのお願い:症状のないオミクロン症状の方々は自宅隔離を!(日本人同士では、孤独に陥らないようお声掛けも!)

  1. 症状の無いオミクロン患者?
    検査数の割合が少ないインドネシアでは症状が無ければオミクロンに感染している事も気がつかないのでは?

    1. コメントありがとうございます。
      家族や友人たちがオミクロンになり。
      PCR検査に行くのでしょう。
      そこで、発見されるのではないでしょうか?
      だからこれからどんどん増えていくでしょうね。

  2. ちょっと違いますね
    検査数が少ないので今見つかっているオミクロン感染者は氷山の一角にしか過ぎないと考えた方が良いと思います。
    インドネシアは既にオミクロンが蔓延していると考えて下さい。
    先進国は検査体制がしっかりしているから感染者数が多い
    途上国はオミクロン試薬やゲノム解析数が少ないから感染者が少ない
    感染症は先進国、途上国を区別等しません。

コメントを残す