Kemenkes Tegaskan Vaksinasi Covid-19
Tidak Batalkan Puasa,
Ini Penjelasannya


ジョコ・ウィドド大統領の指示に基づいて、2022年のイードの帰郷は、完全かつブースターワクチン接種を受けていればできます。 この規定により、ブースターワクチンを受けていない多くの人々が予防接種の場所を探し始めました。

その理由は、彼らはラマダンの月の予防接種が断食を無効にする可能性があることを心配しているからです。 保健省の公衆衛生総局長のシティ氏は、Covid-19ワクチン接種は断食を無効にしないことを強調しました。

「人々は、断食を恐れてワクチン接種を受けないことを選択する傾向があります。

繰り返しになりますが、私たちは(※)ファトワの伝達に(※2)MUI(インドネシアウラマー評議会)を関与させて、これ(絶食中)にワクチンを接種できるようにします。」


(※)ファトワ: イスラム教(イスラーム)においてイスラム法学に基づいて発令される勧告、布告、見解、裁断のこと。(ウィキペディア

(※2)MUI(インドネシアウラマー評議会):Majelis Ulama Indonesiaの略でインドネシア・イスラーム聖職者会議の意味。インドネシア・ウラマー評議会ということもある。ハラールビジネスより


土曜日(2022年3月26日)にKompas.comから引用されたナディア氏は言った。

この声明は、ラマダンの月の予防接種法を規制する2021年のMUIファトワ番号13によって補強されています。(中略)

ただし、ラマダンの月の予防接種は、断食しているイスラム教徒の状態に注意を払う必要があります。 ファトワに基づいて、ワクチン接種は夜間に実施することをお勧めします。

その理由は、日中に行うと、断食時に弱くなりがちな人の状態を危険にさらす恐れがあるからです。

この断食月の間の予防接種法に関するファトワで、

ニアム氏(MUIファトワ委員会の書記官)は、イスラム教徒がコロナウイルスからの集団免疫を実現するためにCovid-19ワクチン接種の実施に参加できることを望んでいます。(略)


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。