Polda Cabut Pelat RFY
yang Terobos Jalur Transjakarta

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
木曜日, 15 Juni 2022 | 22:35 WIB


ジャカルタ警察の交通局はチケットを発行し、土曜日(2022年6月11日)にトランスジャカルバスタの専用車線を横断し、南ジャカルタの「ラグナンエリア」で2種類のプレートを使用したプレート「B1497RFY」でトヨタフォーチュナーのナンバープレート番号を取り消しました。

ジャカルタ警察の交通局の署長サンボド・プルノモ・ヨーゴ氏は、検査の結果、車両は政府機関のものであることが判明したと語った。

「関係者への切符を渡すことに加えて、ナンバープレートと特別なSTNK(車両証明)を没収しました。

したがって、関係者はこのナンバープレートを使用する資格がなくなり、元のナンバープレートを使用する必要があります」とジャカルタのサンボドは水曜日(2022年6月15日)に述べました。

サンボド氏は、フォーチュナーの車のドライバーも彼の過ちを認めていたと付け加えた。しかし、フォーチュナーの車の運転手が働いていた身元や機関については説明しなかった。

「関係者を調査し、彼は事件を認めた」とサンボド氏は語った。

さらに、サンボド氏は、彼がすべての自動車ユーザーに無差別に交通規制を施行しないことを強調しました。

「私たちは無差別に行動するわけではありません。違反するたびに必ず行動を起こすだけです。

特に<※>遵守作戦2022作戦の時、私たちが執行を行うのはまさに特別で秘密のプレートを使用する車両です」とサンボド氏は言いました。


<※>遵守作戦2022作戦

サイト内関連記事:今日から始まる警察の遵守作戦、8つの違反を摘発!


彼は、運転手がバスウェイを突破したのは、病気の人を運んでいたからだと説明した。しかし、ドライバーの「アリバイ」の信憑性はまだ確認されていません。

「後でもう一度調査します。それは今日の人だけです。これは関係者からの一時的な告白にすぎません」と彼は結論付けました。

以前は、ビデオ映像がソーシャルメディアを介して広まり、ライセンスプレート番号B 1497 RFYの黒いFortunerブランドの車が、土曜日(11/6/2022)にタマン・マルガ・サトワラグナのトランスジャカルタルートを南ジャカルタの農業省向きに通っていた模様。

運転手は警察官の違反(チケット)を免れたが、ビデオはソーシャルメディアを通じて広まってしまい、ジャカルタ警察の交通局はしっかりと対処した。


<簡易解釈とコメント>

おそらく奇数偶数の両方のプレートを所持していた模様。これを使い、奇数偶数規制を逃れていた。この2種類を持っている知人も居たことから、まったくのフェークニュースではなさそうだ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。