Vaksin Covid Moderna Bisa
Picu Risiko Radang Jantung

オンラインローカルメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
金曜日, 17 Juni 2022 | 14:30 WIB


モデルナのCovid-19ワクチンは、ファイザー(バイオテック)ワクチンよりも、一部の年齢層で心臓炎症のリスクが高い可能性があります。

ロイターが火曜日(2022年6月14日)に報告したように、その可能性は米国疾病予防管理センター(CDC)によって明らかにされました。

しかし、当局は、mRNAのこの両方のワクチンによる、心臓の炎症のタイプである「心筋炎」と「心膜炎」に関する所見は、米国のすべてのワクチン安全性監視システムで一貫性がないと述べた。

CDCの分析では、米国食品医薬品局(FDA)の顧問が火曜日に会合を行い、6〜17歳の子供と10代の若者にモデルナワクチンを認可することについて、話し合われました。

ワクチン安全性監視システムのデータに基づくと、心臓の炎症発生率は、ファイザーワクチンの100万回投与あたり81.7例であるのに対し、モデルナ注射の2回目の投与から18〜39年後の男性の100万回投与あたり97.3例でした。

「入手可能な情報では、mRNAワクチン接種後の心筋炎のほとんどの人が、時間の経過とともに回復することを示しています」と米国疾病予防管理センター(CDC)は述べています。

一方、ポリティコ(アメリカのメディア)は、FDAの独立したワクチンアドバイザーは、水曜日に満場一致で投票し、乳幼児、幼児、未就学児向けに、2つのCovid-19ワクチンを認可することをFDAに推奨したと報告しました。

FDAの承認により、パンデミックが発生してから、米国で最も若い年齢層が2年半先の免疫化に一歩近づきます。

パネラーは、小児科医、感染症の専門家、ワクチン研究者からなる21人のメンバーで構成され、このコロナに対して5歳未満の子供にワクチン接種することで、利点が潜在的なリスクを上回ることを見て取れます。

FDAは、5歳未満の子供にはファイザー(バイオテック)ワクチンを、6歳未満の子供には、モデルナワクチンの緊急使用をまもなく許可する予定です。

どちらのオプションも、生後6か月の子供に使用できます。

CDCの専門家諮問委員会は、金曜日と土曜日の会議中に接種を推奨するかどうかを検討します。

CDCディレクターのロシェルワレンスキー氏が推奨事項を承認すると、子供たちは火曜日に注射を受け始めると予想されます。

モデルナワクチンを接種する6歳未満の子供は、4週間間隔で25マイクログラムを2回接種します。

ファイザーワクチンは、3週間間隔で3マイクログラムを2回接種し、少なくとも8週間後に3回接種します。

何人かのパネルメンバーは、両親が異なる製品投与計画によって混乱するかもしれないという懸念を示しました。

特に、ファイザー(バイオテック)ワクチンは、2回の投与後はあまり保護されないのに対し、モデルナは2回の投与で完了するからです。

ジャーナリスト:Unggul Wirawan 

<簡易解説とコメント>

我々は、よく考えましょう。

それぞれの親がよく考えなければならない事です!

多くの子供たちが、感染しても、そんなに多く亡くならない子達がいる現在でも、どうしてこんなにワクチンが打たれなければならないのか?

いまだに、このワクチンの安全性が確認されていない現在です。一時的に、緊急使用許可が出ているだけです!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。