RI Kirim Lebih dari 39 Ribu TKI
hingga Mei 2022

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 20 Jun 2022 21:12 WIB


インドネシア移民労働者保護庁(BP2MI)は、2022年5月までに39,535人のインドネシア移民労働者(PMI)が5か国に配置されたと述べた。

インドネシア移民労働者を受け入れた5つの最大の国は、香港、台湾、シンガポール、日本、韓国でした。

香港は、合計19,747人で最も多くのインドネシア移民労働者を受け入れた国になりました。

内訳を見ると、香港の数は、1月に4,054人、2月に2,826人、3月に3,712人、4月に4,391人、5月に4,764人でした。

2番目の国は、12,947人の台湾でした。

ほとんどの出国は4月に4,413人で発生しました。

その後、5月にインドネシアは台湾に3,210人を送り、3月には3,286人、2月には1,152人、1月には886人を送りました。

次は2,393人のシンガポールです。

5月、シンガポールは491人または4.4%を受け入れました。 4月に483人、3月に608人、2月に396人、1月に435人が入国しました。

4番目に多い国は、2022年5月の時点で合計2,360人の日本です。

ほとんどの出国は3月に1,182人もの人が発生しました。 そして、4月に918人、5月に257人、2月に2人、1月に1人。

次に韓国で、2022年5月までに合計2,088人です。

その数は、1月に265人、2月に422人、3月に473人、4月に437人、5月に491人で構成されていました。

最近、インドネシアの労働省は、サウジアラビア、スイス、カナダでの雇用に関する覚書を作成しました。

労働省のアンワル・サヌシ事務総長は、インドネシアの労働者の労働条件と保護の問題がより良くなることが期待されていると覚書で述べた。(略)


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。