Terungkap,Kelompok Ini Berisiko
Terkena Gejala Serius 3 Bulan
Usai Kena COVID

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
木曜日, 23 Jun 2022 10:31 WIB


米国での新しい研究によると、成人の5人に1人が、感染後もCOVID-19の症状が持続していることが示されています。つまり、患者は長い間症状の訴えを経験します。

成人の13人に1人は、感染後3か月以上続くCOVID-19の症状を示します。

この状態は、「long COVID」とも呼ばれます。

その経験した症状には、倦怠感、速い心拍数、認知障害、慢性的な痛み、感覚異常、筋力低下などがあります。

米国疾病予防管理センター(CDC)は、6月1日から13日に、さらされた患者に関するデータをまとめました。

若い成人は、高齢者よりも症状が持続する可能性が高いことを示しました。

一方、成人女性の9.4%が、男性の5.5%よりも、長いCOVID-19症状を経験しているという米国の報告があり、女性は男性よりも長いCOVID-19症状を示す可能性が高いとも言われています。

調査によると、ヒスパニック系成人のほぼ9%がCOVID-19の症状をより長く、非ヒスパニック系白人および黒人成人よりも高く、非ヒスパニック系アジア人成人の2倍以上の割合でした。

2021年11月に35万人以上のCOVID-19生存者を対象にしたCDCの研究では、さらされたことがない人と比較して、肺に流れる危険な血栓を発症するリスクが2倍あることが示されました。

専門家は、COVIDの長期的な影響が、医療制度や経済への負担として、影響を与える可能性があることを懸念しています。

「感染後の良く無い状態は、患者の労働力への貢献能力にも影響を与える可能性があり、医療制度への負担を増大させるだけでなく、生存者とその扶養家族に経済的影響を与える可能性があります。」と米国の研究者は述べ、ChannelNewsAsia(シンガポールメディア)が引用した。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。