Bahaya Pakai Sendal Jepit saat Naik Motor:
Luka ‘Aspal’ & Kulit Belang

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
金曜日, 24 Jun 2022 07:55 WIB


バイクに乗る時にビーチサンダルを履くことについての規則は議論されています。

多くのモーターサイクリストが、短い距離を行く、雨が降る、短時間しか行く、靴を履くのが面倒など、さまざまな理由でバイクにビーチサンダルを履くことを好むのが、否定できません。

警察交通隊の監察官フィルマン・サンティアブディ氏は、運転中はビーチサンダルを履かないように、バイク乗りに訴えました。

このモーターサイクリストが経験するリスクを最小限に抑えるために、この訴えが伝えられました。

彼によると、ビーチサンダルの使用は最大の保護を提供しません。

「これらのビーチサンダルでは保護ができません。

バイクに乗れば、皮膚がアスファルトと直接接触する、火があり、ガソリンがあり、スピードが出て

保護されていない状態が続きます。

早ければ早いほどです。それは致命的です。」

ファーマン氏は月曜日(6月13日)のパトゥージャヤ2022作戦(交通規制と教育を目的とした警察の啓蒙活動)をレビューしている間、記者団に言った。

事故が発生した場合、アスファルトに当たった足は怪我をする可能性があり、消えない傷跡を引き起こすことは否定できません。(略)

サイト内関連記事:「パトゥージャヤ2021」作戦は騒々しく・多い排気ガスを出す車両をUターン!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。