Data Terbaru WHO,
Varian Mengkhawatirkan
Hanya Tersisa Omicron

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
25/06/2022, 13:00 WIB


新型コロナ病を引き起こす「SARS-CoV-2」コロナウイルスの感染は、まだ世界中に迫っています。

パンデミックの状況は解消されていません。つまり、死に至る可能性のある、このウイルスを誰もが認識している必要があります。

コロナウイルスは絶えず変異することが知られており、その変異のいくつかは高い感染率を示すため、特別な注目を集めています。

突然変異の変化は、拡散率、病気の重症度、ワクチンの性能、診断ツール、その他の健康および社会的対策などに、ウイルスの性質に応じて、影響を与える可能性があります。

世界的な公衆衛生上のリスクを増大させる変異体の出現について、世界保健機関(WHO)は、それらを関心のある変異(VOI)と懸念の変異(V​​OC)に分類します。

<Variant of concern (VOC)>

WHOは懸念される変異株(VOC)の最新情報を発表しましたが、現在、VOCカテゴリに含まれる変異体は1つだけです。つまり、B.1.1.529のオミクロン系統です。

このウイルスの亜種は昨年11月に最初に検出され、いくつかの国に広がりました。

正確には、WHOは2021年11月26日にそれを懸念の変種として設定しました。

さらに、BA.1、BA.2、BA.3、BA.4、BA.5変異体と、それらの系統も異なる方法で監視する必要があり、ウイルス特性の比較評価を継続する必要があります。

オミクロンが現在、優勢な変異体であり、ウイルスの多様化の可能性を含め、その感染が世界中で続いていることを考えると、WHOは監視下のVOC系統(VOC-LUM:Variants of Concern linages under monitoring)と呼ばれる「懸念される変異株(VOC)における監視下の系統」を新しいカテゴリーとして追加しました。

これは、VOC系統がさらに、健康上の脅威をもたらす可能性があるかどうかを調査する目的で、VOC系統が優先的に注意を払い、監視を必要とする可能性がある世界的な公衆衛生情報を提供するために作られました。

VOC-LUMグループに含まれるオミクロン系統には次のものが含まれます。

  • BA.1とBA.2の系統であるBA.4

2022年1月に南アフリカで最初に検出

  • BA.1とBA.2の系統であるBA.5

2022年1月に南アフリカで最初に検出

  • BA.2の系統であるBA.2.12.1

2021年12月に米国で最初に検出

  • BA.2の系統であるBA.2.9.1

2022年2月にいくつかの国で検出

  • BA.2の系統であるBA.2.11

2022年3月にいくつかの国で検出

  • BA.2の系統であるBA.2.13

2022年2月にいくつかの国で検出

VOC-LUMグループに属する変異体は、ウイルスの特性がVOCと大幅に異なるという十分な証拠が得られるまで、追跡され続けます。


一方、以前に流通していたVOCのいくつかは次のとおりです。

  1. アルファまたは系統1.1.7

2020年9月に英国で最初に検出

  1. ベータまたは系統1.351

2020年5月に南アフリカで最初に検出

  1. ガンマまたは系統1

2020年11月にブラジルで最初に検出

  1. デルタまたは系統1.617.2

2020年10月にインドで最初に検出(略)


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。