WFO Balik Lagi 100 Persen,
Yakin COVID-19 Sudah Aman?


オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Selasa, 02 Agu 2022 08:32 WIB


政府は、PPKM 規則をインドネシア全土に拡大することを決定しました。 今回は、このすべてのエリアでレベル 1 。

いくつかの規則が緩和され始めました。そのうちの 1 つは、オフィスでの勤務 (WFO) に関する規定でした。

ジャワ・バリとその地域外の両方で、オフィスの収容人数は 100% まで許可されています。

「ノンエッセンシャルワーカー、セクターでの活動の実施は、ワクチン接種を受け、PeduliLindung アプリケーションを使用する必要がある従業員に対して、最大 100% のオフィス勤務 (WFO) に適用されます。」

  • ノンエッセンシャルワーカー

人々が生活する上で欠かせない業務に従事する労働者

ジャワとバリでの PPKM の実施に関する 2022 年の内務大臣の指示第 38 号によると。

このルールの更新により、市民の間でいくつかの意見が生まれました。

南ジャカルタの民間企業の従業員である ニサさんは、オフィス勤務に戻るための規則に同意します。

生産性の向上とは別に、マスクの着用やワクチン接種などの健康プロトコルに従うことも、オフィスにいる間の COVID-19 の予防に役立ちます。

「結局、オフィスです。

ですから、自己管理するのは当たり前です。ワクチンも接種されています」と26歳の女性。

同様に、ジャカルタの新興企業の従業員である アルチェ氏は、オフィスで仕事をすることで自宅よりも快適になったと述べています。

さらに、彼によると、オフィスに戻ることは予防接種の達成に役立ちます。

「私は、このCOVID−19の問題を周知しています。重要なことは、保護プロセスが厳格であることです」と彼は説明しました.

2人とは対照的に、チクダ地区に住むジャカルタの民間社員リスナさん(29)は、オフィスへの立ち入り禁止のルールを社員に対して、もう一度行わないといけない。と考えています。

一部の業界別として、サル痘や大気汚染など、共通の関心事である必要がある COVID-19以外の病気は他にもたくさんあります。

「一部の業界は、WFOのオフィスに行くことは義務ではなく、オプションであるべきです」と彼女は言います。


デティコム読者はどうですか?
この政策の更新に同意しますか、それともまだ同意しませんか?


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。