Ngegas! Tembus 50 Ribu,
Ini Perkembangan
Kasus Aktif COVID-19 RI Sepekan

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Kamis, 04 Agu 2022 08:00 WIB


インドネシアでのアクティブな COVID-19 の症例数は増加しており、水曜日 (2022年8月3日) に 5 万人に達しています。

この傾向で、先週この数字が 46,000 人に達して以来、COVID-19タスクフォース(特別チーム)が注目されています。

「昨年4月には約46,000件のアクティブなケースがありましたが、現在は再び発生しています.

COVID-19 タスクフォースのスポークスマンである ウィク・アディサスミト 教授は、木曜日 (2022 年 7 月 28 日) の記者会見で次のように述べています。

1週間で50,000人に達するアクティブな COVID-19 症例の展開は、次のようになります。

  • 水曜日 (8月3日): 1,809 件増加して 50,857 件のアクティブなケース
  • 火曜日 (8月2日): 1,239 件増加して 49,048 件のアクティブなケース
  • 月曜日 (8月1日): 894 件増加して 47,809 件のアクティブなケース
  • 日曜日 (7月30日): 402 件増加して が 48,703 件のアクティブなケース
  • 土曜日 (7月30日): 5,398 件増加して が 49,105 件のアクティブなケース
  • 金曜日 (7月29日): 5,831 件増加して が 47,988 件のアクティブなケース
  • 木曜日 (7月28日): 6,353 件増加して 46,655 件のアクティブなケース

以下は、水曜日(8月3日)にインドネシアで発生した 50,857 人の COVID-19 の要請症例の分布です。

  • ジャカルタ:22,584件
  • 西ジャワ:14,116件
  • バンテン:4,563件
  • バリ島:1,684件
  • ジョグジャカルタ:1,460件
  • 中部ジャワ:1,218件
  • 南カリマンタン:1,032件
  • 東ジャワ:960件
  • 北スマトラ:546件
  • 東カリマンタン:486件
  • 中部カリマンタン: 405 件
  • 南スマトラ:295件
  • リアウ: 247 件
  • パプア:247件
  • リアウ諸島:145件
  • 南スラウェシ:126件
  • ランプン:117件
  • 西スマトラ:97件
  • 北スラウェシ:76件
  • 西カリマンタン:74件
  • 西パプア:67件
  • NTT:58件
  • ブリトゥンバンカ: 39 件
  • マルク:36件
  • ゴロンタロ:31件
  • ジャンビ:30件
  • NTB: 24 件
  • 南東スラウェシ: 24 件
  • 北カリマンタン:18件
  • スラウェシ中部:13件
  • ベンクル 8 件
  • 西スラウェシ:7件
  • 北マルク:6件

感染者数の増加に加え、陽性率(無症状も含む)の動向にも注目が集まっています。

インドネシア保健省は最新の報告書で、COVID-19 の陽性率または感染率は現在 10.14% であり、WHO の基準である 5% をはるかに上回っていると述べています。

COVID-19 陽性率に関して特別な監督を受けた10の州があります。

  • ジャカルタ 12.47%
  • バンテン 10.52パーセント
  • バリ 10.46%
  • 西ジャワ 7.96%
  • 南カリマンタン 7.69%
  • 中部カリマンタン 7.24%
  • ジョグジャカルタ 6.5%
  • 東ジャワ 4.89%
  • リアウ州 4.27%

カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。