Afsel Laporkan Kematian Pertama
Terkait Vaksin COVID

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Jumat, 05 Agu 2022 07:25 WIB


南アフリカの保健当局は木曜日、ある人の死亡とジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の COVID-19 ワクチンとの因果関係を報告した。

ワクチン接種者は、J&J ワクチンを接種された直後に、まれな神経障害である<※>ギラン・バレー症候群 (GBS) を発症しました。


<ギラン・バレー症候群> 「もっとよく知る病気ガイド」より

末梢神経の障害によって、力が入らない、感覚がわかりにくい、しびれるなどの症状を起こす病気です。 多くの場合、発症前1ヶ月以内に風邪症状や下痢といった感染症の症状(先行感染)がみられます。 わが国での発症率は年間10万人あたり1-2人で、やや男性に多い傾向があります。


患者は状態を回復するために人工呼吸器を装着されましたが、死亡しました。

ハンネリー・マイヤー教授は記者会見で、「病気の時点で、ギラン・バレー症候群(GBS)の他に原因を特定することはできませんでした。

個人情報保護のため、年齢等は非公開とさせていただきます。

J&J は、書面による声明の中で、GBS はさまざまなワクチンやその他の薬剤の投与に関連しており、COVID-19 を引き起こすウイルスである新型コロナによっても引き起こされる可能性があると述べています。

同社はまた、まれな出来事の兆候と症状に対する認識を高め、それらを迅速に特定して、効果的に治療できるようにすることを強くサポートしていると述べました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。