KETEGANGAN CHINA-TAIWAN
BEREFEK KE INDONESIA, APA SAJA?

オンラインメディア「Bisini.com」が伝えています!
Aug 4, 2022 – 8:16 PM

編集部 アステリア・デシ・カルティカサリ


台湾に対する中国の制裁、または両国間の政治的混乱は、インドネシアに影響を与える可能性があります。

ロシアとウクライナの間の戦争と比較すると、混乱はより良くない可能性があると予測されています.

中国は、台湾との貿易を制限または停止しています。この動きは、米国下院議長ナンシー・ペロシの台湾訪問に対する中国の強い反応であった。

この状況は、インドネシアのビジネス環境に影響を与える可能性があります。

水曜日(2022 年8月3日)にブルームバーグによれば、中国の税関総局は、昨年から「何度も」製品に過剰な残留農薬が検出されたため、多くの魚や果物の輸入が停止されたと述べました。

さらに、6月にはコロナウイルス陽性の冷凍魚のパッケージがいくつか発見されました。

また、中国は月曜日(2022年8月1日)に,、商務部は関連法の規定に基づき、天然砂の輸出を禁止したことを明らかにしましたが、詳細は明らかにしていない。

台湾内のサプライヤー100社からの食品輸入を断ち切りました。

商務省はまた、関連法の規定に基づいて天然砂の輸出を禁止したことを明らかにし、詳細を明らかにしなかった。

北京は、台湾の農業界をたびたび、 政治問題に関する制裁の対象にしていることで知られている。台湾南部の果樹生産地(パイナップルなど)の多くは、台湾独立を主張する蔡英文総統の民進党の支持基盤である。

台湾南部の果物生産地域の多くは、伝統的に、台湾の独立を提唱する、台湾の蔡英文総統の民主進歩党に対する政治的支援の拠点として機能してきました。

さらに、中国は台湾にとって最大の貿易相手国であり、昨年の二国間貿易は前年比で 26% 増加し、3,283 億米ドルに達しました。

中国の税関データによると、台湾は中国に対してかなりの黒字を保持しており、台湾からの輸出は輸入を 1,720 億米ドル上回っています。

輸出企業を制裁することでその優位性を生かすことができる一方、中国は半導体の供給を台湾に依存している。今年上半期の双方向貿易は1650億米ドルに達し、台湾の対中貿易黒字は798億米ドルであった。

トリビアム・チャイナ・コンサルタント・アナリストのイーブン・ペイ氏は、緊張が続く中、中国と台湾の貿易に混乱が生じる可能性があると予測した。北京が貿易相手国に対して、小さなコンプライアンス問題を特定し、非常に厳しいルールを強制することは「よくあること」であると述べた。

ペイ氏は、「火曜日の夜に発表された軍事演習の強化により、少なくとも日曜日までは、特に台湾と福建省の港への輸送が中断される可能性があり、また、台湾周辺を通常通過する貨物についても同様である」と述べている。

一方、中国からの砂の輸出禁止は、台湾の主要な建設資材の供給源を断つことになる。コンクリートやアスファルトの原料として使われるのは、粒の大きさが5ミリ程度以下の天然砂です。

中国は以前、環境問題を理由に2007年3月に台湾への天然砂の輸出を停止し、約1年後に解禁しています。台湾は当時、フィリピンから資材を輸入し、現地の川砂で隙間を埋めるなど、緊急時対応策を発動した。

これに先立ち、台北の貿易交渉担当トップであるジョン・デン氏は、中国による台湾への軍事攻撃は、ウクライナ戦争よりも世界の貿易の流れに大きな影響を与えるだろうと述べた。

中国が台湾を攻撃した場合、電気自動車や携帯電話に使用されるチップを台湾に依存しているため、潜在的な混乱は、より深刻になる可能性があると同氏は付け加えた。

「国際的なサプライチェーンの混乱、国際経済秩序や成長の機会への混乱は、現在の争いよりもはるかに大きな意味を持つだろう。」と、火曜日(14/6/2022)にジュネーブで開かれた世界貿易機関(WTO)の閣僚会議の傍らでインタビューに答えていました。

<インドネシアへの影響>

経済法研究センターのビーマ・ユディスティラ所長は、中国と台湾の緊張の影響は、ウクライナとロシアの戦争よりも深刻になる可能性があると指摘した。中国から台湾への攻撃は、より大きい利益を得るために、米国と中国が起こす代理の戦争であるということである。

“2つの巨大な国は、インドネシアの伝統的な輸出先になっていて、総輸出量のそれぞれ21%と11%です。これは、インドネシアの輸出の32%、つまり3分の1が脅かされることを意味し、貿易収支の黒字を減らすことになる」と述べた。

地理的には台湾はアジアにあり、その事でウクライナ・ロシアよりも影響がある、と彼は続けた。台湾での紛争が続くと、アジア地域の投資マインドに影響を及ぼします。

台湾海峡は、中国、日本、韓国、台湾から西へ向かう船舶の主要航路であり、世界で最も交通量の多い航路の一つであることはよく知られているところです。たとえ小さな障害であっても、企業、病院、電力会社にとっては重大な遅延を意味します。

ソニーグループなどアジアに拠点を置く企業は、コロナパンデミックの発生以来、物流の混乱と戦っており、さらなる混乱は、主要製品の世界的な流通に影響を与える可能性があります。

Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. (TSMC) やSamsung Electronics Co.などのチップメーカーは、北京の技術的野心を阻止する、ワシントンの取り組みが激化する中、米国と中国の間でバランスを取る必要があります。

さらに、中国が台湾に制裁を加えることで、これまで様々な理由で、30カ国の「食品輸出を継続する国」のリストに、台湾も加わることになる。

「まさに、インドネシアが台湾に加工食品、果物、野菜の輸出を浸透させるチャンスだ」とビーマ氏は言う。

これまで、台湾への野菜の輸出はかなり多い。また、インドネシアは食品・飲料の原料から加工食品に至るまで、競争力のある素材を持っています。 

それでもリスクがないわけではなく、もし台湾と中国が本当に戦争になれば、紛争の激化は半導体の供給に影響を与えるので、インドネシアの自動車販売は落ち込む可能性があります。

一方、中央統計局のデータによると、昨年のインドネシアの対台湾輸出は約69億米ドルに達した。

このうち、鉄鋼の輸出が約27億ドル、鉱物性燃料・鉱物性油が18億ドルに達した。

一方、インドネシアの昨年の台湾からの輸入は43.5億ドルに達した。これは、15億ドルに達した電気機械器具の輸入が主なものである。

<編集部 アステリア・デシ・カルティカサリ>


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。