Dishub Tambah Petugas dan
Buka Pos Pengaduan Cegah Pelecehan di Angkot

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
土曜日, 06 Agu 2022 04:50 WIB


ジャカルタ運輸局長である シャフリン・リプト氏は、公共交通機関でのセクシャルハラスメントを防止するために、3 つの段階を実施すると述べた。

これは、昨今の公共交通機関におけるセクハラ事件の増加を受けての措置です。

第1段階、すなわちセクシャルハラスメントを止めるためのキャンペーンを開催する。

キャンペーンの 1 つは、金曜日 (8月5日)、中央ジャカルタの トランスジャカルタ・ハルモニバス停で実施されました。

「このキャンペーンにより、被害者と目撃者の両方のセクシャルハラスメントを報告するための一般の方々の意識が高まることを願っています」とシャフリン氏は述べた.

シャフリン氏によると、トランスジャカルタ、MRT、LRT のすべてのサービスで、子どもと女性のために、呼び掛け詰所を構築することで、苦情の場所を提供しています。

第 2 段階、つまりバスサービス担当者の準備を続けます。将来、トランスジャカルタは、セクシャルハラスメントの事例を防止するために 1,801 人の人員を追加する予定です。

第 3 段階では、被害者または目撃者に事件を警官に報告するよう促します。

「これは、苦情番号チャネル導入することを意味します。もちろん、すべての被害者または目撃者が報告できる事を保証します」と彼は言いました。

「そして、セキュリティと安全が保証されるように、投稿者の身元が保護され、公開されないことが保証されます。」

と シャフリン氏は付け加えました。

シャフリン氏によると、公共交通機関でのセクシャルハラスメントは2019年に28件で最も多かったとしている。

 一方、彼は今年、1月から8月までに9件の事件を記録した。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。