China Bakal Garap Kereta Cepat Jakarta-Surabaya?
Ini Kode Keras Luhut

オンラインメディア『Detikom」が伝えています!
Sabtu, 29 Okt 2022 07:30 WIB


ジャカルタ-バンドン間高速鉄道プロジェクトは、スラバヤまで続く予定です。

その後、ジャカルタ-スラバヤ間をわずか4時間で移動することができます。

ルフット海事・投資担当調整大臣がこの計画を確認しました。

また、ジャカルタ・スラバヤ間の高速鉄道は、移動時間をより効率的にするものであると述べた。

ジャカルタ-スラバヤ間の高速鉄道プロジェクトに携わる投資家について、ルフットは次のように説明した。

もし問題ないなら、変える必要があるのですか?。

ちなみに、現在のジャカルタ-バンドン間高速鉄道プロジェクトは、PT Kereta Cepat Indonesia China(KCIC)が手がけている。

KCICの公式サイトを引用すると、同社はPT Pilar Sinergi BUMN Indonesia(PSBI)を通じた国有企業コンソーシアムとBeijing Yawan HSR Co.Ltd を介して中国鉄道会社コンソーシアムの合弁会社で、B to Bスキームで公共交通部門を主業務としています。

そこで、ルフット氏とは中国のことですか?

「はい、後で検証してみましょう。もし、あなたが快適なら、なぜ変えるのか。私も妻を変えたいとは思いません。」

ルフット氏は金曜日(2022年10月28日)、南ジャカルタのラッフルズ・ホテルでこう語った。

一方、ルフット氏はこの日、「ジャカルタ-バンドン間の高速鉄道プロジェクトの問題は解決された」と述べた。

そのひとつが、技術的な問題からコスト超過の問題です。

“この高速鉄道というのは、素晴らしい物だと思う、コスト超過も解消したし。実は、コストオーバーの原因の多くは、揺れによる土壌の損傷なのです。

3つのトンネルが問題を起こしていたのだと思います。しかし、それは解決されたと思う」と説明した。

コスト超過の計算の違いについては、中国とインドネシアの両国で合意した数字があるそうです。

「数字はわかっている」と。

ルフット氏は、予定より大幅に遅れたものの、ジャカルタ-バンドン間の高速鉄道が2023年6-7月に開通することを確実にした。

また、2022年11月16日に動的テストが行われるとのこと。

「この遅れは、本当に多くの技術的な問題なのです。

しかし、その後、スラバヤまで完成したときに、政府がこの高速鉄道を継続するかどうか。

また、「インドネシアのために効率的に使えると思う。」

習近平が運行テストに出席する可能性について、ルフット氏は簡潔に答えてくれた。

「何処からでも、バリ島からでも、実際に動いているテストを見ることができるだろう」。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。