Makin Mesra! Setelah Bali,
AS-China ‘Bisik-bisik’ di Bangkok

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
19 November 2022 17:30


中国の習近平国家主席と米国のカマラ・ハリス副大統領は、土曜日(2022/11/19)にバンコクで開催されたAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議の傍らで行われた短い会談で、オープンなコミュニケーションを開始した。

ロシアがトップリーダー不在で孤立しているように見える中での会談だった。

ウクライナでの戦争の緊張が高まっていることへの非難を伴ったものでした。

ホワイトハウス関係者は、会談の中でハリス氏がバイデン氏のメッセージを強調した事を明らかにした。

責任を持って私たちの国家間の競争を管理するために、コミュニケーションの経路を開いたままにしておく必要があります」。

彼女はAFPで報告されたように言った。

「私たちは、両国の競争を責任を持って管理するために、オープンなコミュニケーションラインを維持しなければならない」と述べた。

と語ったとAFPが報じている。

これに先立ち、バリ島で開催されたG20サミットの傍らで、初めてアメリカのバイデン大統領と中国の習近平国家主席が1対1の会談を行った。

中国国営メディアは習近平の言葉を引用し、今回の会談を「戦略的かつ建設的であり、今後の中米関係における重要な意味を持つ」と評価した。

習近平氏は、「双方がさらに相互理解を深め、誤解と誤判断を減らし、中米関係が健全で安定した軌道に戻ることを共同で推進することを希望する。」とも述べた。

米中両政府高官は、外交の再開を前向きに捉えていますが、

特に中国政府が主張する自治民主主義である、台湾を分断している問題の実質的な解決が見えていない。

習近平氏とバイデン氏は、アントニー・ブリンケン国務長官が、来年初めに中国を訪問し、2018年以来の米国トップ外交官の訪問となることで合意したと報じられた。

ブリンケン氏はバンコクで記者団に対し、競争が「紛争につながらない」ようにすること、また気候変動などの地球規模の課題について、協力できる分野を検討することを目的としていると述べた。

米国は、金曜日に米国と日本の当局者が米国本土を攻撃できる可能性が高いと発表した、弾道ミサイルの実験を行った同盟国北朝鮮を抑制するために、中国にもっと努力するよう求めていると述べた。

ハリス氏と一緒に旅行している米国の当局者は、中国はその影響力を利用して、北朝鮮に「地域と世界を不安定にするだけの、このような挑発的な方向に向かわないように」説得すべきだと述べた

もし何も変わらなければ、習近平氏は米国がサンフランシスコで開催するAPEC首脳会議でバイデンと再会することが予想されています。

習近平が最後に訪米したのは2017年で、当時のドナルド・トランプ大統領と会談しています。しかし、その後、貿易、台湾、人権、Covid-19をめぐり、日米関係は急激に悪化した。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。