Bakal Separah Delta?
Ini Prediksi Menkes soal Puncak
Kasus COVID-19 Omicron XBB

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Selasa, 22 Nov 2022 07:30 WIB


COVID-19の症例が最近、大幅に増加しています。これは、オミクロンの新しい亜種であるXBBとBQ.1が、1日のCOVID-19の総症例の60%を占めるようになったためと考えられています。

また、ブディ保健相は、オミクロン亜種の波が近いうちにピークを迎えると予測しています。

「今XBB、BQ.1、すでに60%を超えているようですね。しかし、まだ90%ではありません。

このように陽性率が高いところを見ると、少なくとも月末まではまだ上がるはずです。」

しかし、この新型のオミクロンのピークは、昨年のデルタ変異体ほど厳しくはないかもしれません。

ブディ氏によると、オミクロンXBBは1日2万ケースにしか達しないという予測です。

一方、デルタの波は2021年7月15日にピークを迎え、1日56,757件に達しました。

「シンガポールのパターンに従えば、今後1ヶ月で1日2万人近くまで増えるはずです。」

COVID-19の症例のピークは、陽性率の上昇傾向から見てとれるそうです。

毎日2〜3倍と継続的に増えているのであれば、日々のCOVID-19の症例数はピークを過ぎていないことになります。

しかし、逆に増加幅が減少したり、あるいは横ばいになったりした場合は、COVID-19の症例のピークが過ぎた可能性があります。

現時点では、陽性率は世界保健機関(WHO)の基準を大きく上回っていますが、1日の患者数は月末まで増加する傾向が続くといいます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。