Evakuasi Korban Gempa M 5,6 di Cianjur Dilanjutkan,
Ridwan Kamil Kerahkan Helikopter BNPB

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
22/11/2022, 07:29 WIB


マグニチュード5.6のチアンジュール地震の犠牲者の捜索は、火曜日(2022年11月22日)、合同チームによって続けられています。

西ジャワ州のリドワン・カミル知事は、国家災害管理庁(BNPB)所属のヘリコプターを投入し、犠牲者の捜索を最大限に行うことを確認した。

“すべてのインフラが揃いました。火曜日(11月22日)の朝から、国家災害管理庁のヘリコプター数機を準備して、避難を開始する予定です。”と述べた。

リドワン・カミル氏は、月曜日(2022年11月21日)の夜、西ジャワ州チアンジュール県のホールでの記者会見で、次のように述べた。

チアンジュールでのM5.6の地震では、数千の家屋が被害を受けた。暫定的なデータでは、2,345棟の家屋が被害を受けています。

最も被害が大きかったのはチュゲナン県でした。

「すべての避難インフラが到着し、インドネシア国軍から重機が準備され、<軍・警察>は準備ができており、公共のキッチンは、避難場所で用意されます。」

州知事は、月曜日、西ジャワ州チアンジュール県チアンジュール・ホールでこう語った。

一方、被災者への対応として、14カ所の避難所が設置されています。

KompasTVからのレポートで、西ジャワ、インドネシア赤十字社(PMI)災害管理スタッフのデニ・ソピアン氏は、地震の被災者がテント、防水シート、すぐに食べられる食料、ミネラルウォーター、医薬品、発電機、そして遺体袋などの緊急支援を必要としていると説明しました。

また、PMIチアンジュール災害緊急対応フィールドコーディネーターのヘリー・ヒダヤット氏は、今回の地震で最も深刻な被害を受けたのは7つの小地区であると説明した。

チアンジュール、チラク、カランテンガ、チゲナン、パセット、ワルンコンダン、ゲクブロン地区の7カ所です。

「地元の人たちはまだトラウマを抱えていて、野原に避難している」とへリー氏は言った。

また、「入ってくる報告によると、我々は地震の影響を受けたいくつかの地域に検証チームを配備した」と付け加えた。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。