Keuntungan Kendaraan Listrik,
Lebih Irit hingga Dapat Insentif

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
火曜日, 22 November 2022 | 07:14 WIB


ブディ・カリャ・スマディ運輸大臣は、運輸省が40台の電気自動車を公用車として使用していることを明らかにした。

運輸大臣は、従来の自動車と比較して電気自動車を使用する利点を明らかにした。

「約30-40台の電気自動車がすでに運輸省にあります」と、ブディ氏は月曜日(2022年11月21日)に南ジャカルタのコモディフェイ・スクウェア(Commodity Square)でBeritasatu.com(オンラインメディア)に語る。

同社BTV(Youtube)夜のチャット番組で、ブディ氏は日常の移動に電気自動車を使っていることを明かしました。

彼は、電気自動車を使うことには3つの利点があるという。

まず、ノイズがなく、滑らかです。

2つ目は、従来のクルマより高速に感じます。

3つ目は、日々の燃料費が従来のクルマより安く済むことです。

電気自動車を購入するために使う資金はかなり高額だが、日々の出費は安く済むという。「ガソリン代と電気代の比較ではは10%〜20%」

では、通常1日に使う燃料が30リットルとして、Rp10,000(プルタライトガソリン料金)を掛けると、いくらになるのでしょうか?

電気自動車は5万ルピアには達しません。私たちが毎日使うコストの差は大きいのです」とブディ氏は言います。

ブディ氏によると、電気自動車のユーザーは、お金の節約だけでなく、政府の優遇措置も受けられるという。

“電気自動車 “ユーザーへのインセンティブは奇数・偶数規制を受けない。今まで2台持っていた人が1台で済むようになった」とブディ氏。

第二に、DKIジャカルタが電気自動車ユーザーに対して駐車料金の特別料金を提供します。

第三に、課税される税金が安くなることです。「来年は購入者に現金で補助金を出す」とブディ氏が説明した。

補助金の予算額について、ブディ氏は「まだ手続き中だ」と述べた。”金額はまだ検討中です “と付け加えた。

彼は、電気自動車を使うことに満足しているという。また、インドネシアの人々に電気自動車への乗り換えを呼びかけました。

さらに、ブディ氏は「電動バイクの価格は、現状では従来のバイクと同じか、それよりも安いと考えている」と述べた。

“バイクの値段は1,500万ルピア(約15万円)くらい。

電気自動車は現在、1200万ルピア〜1400万ルピア。だから、値段は意外と同じで、補助金も出ている」とブディ氏。

<簡単解説・コメント>

燃料を補給できる、給電する場所が、主に大きなモールなど、ジャカルタでもまだまだ少ない。これだけ勧めるなら、最低でも州内のディーラーにも設置するべき。補給できるかどうか?わからないで、

時間に迫れるビジネスでは、安心して使えない。

遠出では、高速道路上にどれだけの給電サービスがあるのか?またどこにあるのかなどの情報もないから、さらに使えない。

ビジネスで安心して使えるという状態になれば、もっとスムーズに化石燃料から電気自動車への移行は進むでしょう。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。