Enggak Ada Takutnya! Pemotor KiniBerani

Lewat Bundaran HI Tak Pakai Helm

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
火曜日, 22 Nov 2022 14:21 WIB


警察が手動での発券を取りやめたことで、道路利用者が思わぬ行動をとっています。

あるバイク運転手は、HI(ホテルインドネシア)周辺を通過する際に、ヘルメットを着用したくありません。

国家警察長官リストヨ・シギト・プラボウォ氏は、以前、交通警察に対し手動切符を発行しないよう指示を出した。

違反の取り締まりは、電子チケットまたは電子交通法執行 (ETLE) を行われます。

ただし、手動の発券がないため、交通違反者はますます無茶をするようになっています。

実際、ヘルメットを被らずに、交通法規が実行される道路を通過するドライバーがいます。

ジャカルタ交通局の「Instagram」アカウントを見ると、日曜日(2022年11月20日)の夕方、中央ジャカルタのブンダラン・ハーイ(Bundaran HI)でヘルメットを被らない若い女性と運転する青年が警察に止められています。

警察は、バイクの運転手に対して、運転時のヘルメット着用を呼びかけるに留めている。

「ここはマットレスではなくアスファルトの道です。警告します。落ちたらすぐに頭を打って怪我しますよ。

ご自身とご両親を大切にしてください。また、家で待っている他の人もいるのだから」と、警察官は言った。

安全運転の実践者であり、安全運転コンサルタント・インドネシア(SDCI)のトレーニングディレクターであるソニー・ススマナ氏は、インドネシアのドライバーの運転はまだまだ安全とは、ほど遠いと述べています。

彼は、この電子チケットシステムは運転者に、十分な抑止効果になっていないと述べた.

「だから、時には事故や犠牲を伴わなければならず、死亡者が出るのです。

これは、第三者を巻き込むので、よくありません。

そのため、警察は、違反切符を切るべきか、拘留すべきかを考えなければ必要があります。」とソニー氏はdetikom(メディア)に語った。

「ヘルメットを被らないことを放っておくのですか?お巡りさんの懸念の表れです。

放っておくと、悪いことに、雪だるま式に抑止効果が生まれない上に、外部のお客さんに見られると恥ずかしいでしょう。

インドネシアの交通安全の程度は低いです」。

ソニー氏は、逆走、一時停止線で止まらない、道路標識に違反するなどの小さなミスに対してのみ取締りを行うべきだと考えています。

“危険 “を犯した場合、ヘルメットをかぶらない、無謀運転などの取締りを行います。

重大な違反、スピード違反、強盗などを犯した場合に拘留が行われます。」と彼は説明した。

「私の意見では、再評価する必要があります。罰金はありませんが、厳密に言えば、たとえばヘルメットを購入するまでバイクに乗ることはできない。」など厳しくする事であると彼は言います。

衆議院、第三委員会のアフマドサーロニ副委員長も、手動による発券を再度行うべきと述べた。

なぜなら、今のところまだ過小評価しているドライバーが多いからです。

「警察署長」が作るルールは、大衆に迎合する物ではありません。一方で、このようなルールは、現場でのゆすり・たかりを避けるために非常に賢明なことだと思います。

しかし、このような規則があると、運転手はこの規則を軽く、甘く見ることさえします」と、サーロニ氏は月曜日(2022年11月21日)にdetikcom(メディア)に語った。

「運転手が気軽に違反をしないように、現場での発券するというルールを元に戻す事を考慮してはどうか」と提案した。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。