Siap-siap, Lansia Segera Diberi
Vaksin Covid-19 Booster Kedua

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
23/11/2022, 06:01 WIB


厚労省は、高齢者(60歳以上)の2回目のブースターCovid-19ワクチンまたは4回目のワクチン投与を火曜日(2022/11/22)から許可。

 

この方針は、高齢者のCovid-19ワクチン接種の2回目のブースター投与に関する通達番号HK.02.02/C/5565/2022に記載されています。

保健省Covid-19報道官の シャーリ氏(M. Syahril)は、2回目のブースターワクチンは高齢者に優先的に投与されると説明した。

この年齢層は、新型コロナウイルスに感染すると、深刻な症状を呈し死亡する可能性がある脆弱なグループであるためです。

周知のように、ここ数週間、インドネシアをはじめ世界的にCovid-19の活動例が急増しています。

「高齢者用Covid-19ワクチンの2回目の接種は、1回目の接種から少なくとも6ヵ月後に行うことができます」と、Sehatnegeriku(インドネシアウェブサイト)が火曜日夜に報じたように、シャーリ氏は説明しました。

Covid-19の1次接種、または1回目と2回目の接種を受けていない高齢者は、まずこの接種を完了してから、1回目と2回目のブースターワクチンを接種する必要があります。

シャーリ氏によると、これを実行すれば、Covid-19ワクチンの2回目のブースターを接種するプログラムは、一次接種と1回目のブースターの接種を加速する時期と重なります。

また、サービス施設や保健所に対して、インドネシア全土で均等に接種を行うよう指示しました。

これは、インドネシアの一部の地域では、一次接種と一次ブースターの接種率がまだ70%未満であるためです。

「死亡したCovid-19患者の多くがワクチン接種を受けていない人、高齢者、合併症を持つ人であることを考えると、一次接種とブースター接種の両方を加速する必要があります。」とシャーリ氏は述べました。

また、シャーリ氏は、Covid-19の予防接種を受けていない人、またはCovid-19の接種状況が不完全な人は、すぐに接種を完了するように促しました。

「高いリスク要因がある事」を考えると、ワクチンは遅らせず、こだわらずに接種しましょう。

なぜなら、この予防接種は、現在の最高の予防接種だからです。」とシャーリ氏は言った。

ちなみに、政府が提供する2種類目のCovid-19ブースターワクチンは、ITAGI(予防接種に関するインドネシア技術諮問グループ)の推奨する食品医薬品局から緊急時使用許可を受けており、各地域のワクチン在庫の有無を考慮しているとのことです。

種類としては、アストラゼネカ、ファイザー、モデナ、シノファーム、シノバック、インドバック、ヤンセン(J&J)、ジフィバックス、またはコバックスなどがあります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。