Registrasi IMEI Dinilai Efektif
Tangkal Ponsel ilegal

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
木曜日, 24 November 2022 | 00:40 WIB


2020年4月18日より、IMEI(International Mobile Equipment Identity:国際モバイル機器識別)の管理ルールが政府によって定められました。

この管理ルールは、国家や社会に損失を与える可能性のあるインドネシアでの、違法な携帯電話の使用を抑制することを目的としています。

IMEI規制の導入は、携帯電話に限らず、携帯電話ネットワークに接続されるすべての電子機器に適用されます。

ただし、無線LANネットワークにアクセスする機器は対象外です。

IMEI制御の対象となる製品は、スマートフォン、ハンドヘルドコンピュータ、タブレット端末です。

全インドネシア携帯電話協会(APSI)の政府関係部門会長シャイフル・ハヤット氏は、IMEI管理ルールの導入は非常に重要であると評価しています。

というのも、規制がかかる前は、毎年900万台から1000万台の違法な携帯電話が出回っていたそうです。

「業界にとって、これは市場の価格の歪みに影響を与え、HKT( スマートフォン, ノートブック, タブレット )全体に損害を与え、結果として失業につながります。

一方、違法な携帯電話の流通による税による国家収入の潜在的損失は、年間2兆8100億ルピアになります。」

とシャイフル・ハヤット氏は水曜日(2022年11月23日)、ジャカルタで語った。

シャイフル氏は、IMEI管理の本質を見れば、政府がとった措置は、消費者を保護し、国家の潜在的損失を減らすために、非常に適切であると述べた。

「全インドネシア携帯電話協会は、違法な携帯電話の流通を防ぐために、この規則の施行を強く支持します。」とシャイフル氏は述べています。

一方、彼らは、違法な携帯電話事業者が様々な方法で国内市場に再参入しようとしていることを匂わせました。

産業省、税関、通信情報省、携帯電話会社など、関係者は油断してはいけないと、シャイフル氏は続ける。

「漏れはないはずだ」とシャイフル氏は言った。

一方、通信情報省総局の基準調和作業部会の政策アナリスト アソシエイト エキスパートリーダー、ヌル・アキバル・サイド氏は、通信情報省、財務省、貿易省、すべての携帯電話事業者は、IMEI 管理を通じて、社会、産業、国に害を及ぼす違法な電気通信機器の流通を防止することに取り組んでいます。

“IMEI管理による携帯電話ネットワークに接続された携帯端末の利用制限 “のプロセスを、三省の規則に従って実施することを約束します。

政府も合法的なHKTデバイスを購入するよう促している」とヌル・アキバル氏は述べた。

<簡単解説&コメント>

この規則がなかった昔は、日本で普通に使っていたスマフォがインドネシアで普通に使えました。インドネシアに入ってくる日本人は、密輸しようとか、販売目的でスマフォを持って来る訳ではないので、とても複雑な心境です。インドネシアで使う様にスマフォを別に用意しないとならない。お金を払わなければならない。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。