Jokowi Gunakan Indovac
untuk Vaksinasi Booster Kedua

オンラインメディア「tribunnews.com」が伝えています!
Kamis, 24 November 2022 10:14 WIB


ジョコウィ大統領は、木曜日(2022年11月24日)、西ジャワのボゴール大統領官邸で、Covid-19の2回目のブースター接種を受けました。

ジョコウィ大統領は、2回目のブースター接種にインドバック・ワクチン(Indovac)を使用しました。

「今朝使用したワクチンは、インドバック・ワクチンです。100パーセントの国内生産」とジョコウィ氏は言った。

大統領は、追加接種またはブースターによるCovid-19の完全接種を、国民のすべての人たちに呼びかけました。

「今朝、私はちょうどブースターワクチンを接種してきました。すべての人、特に医療従事者、特に高齢者、また地域間の交流が多い人たちにお伝えします。」と大統領は述べました。

一方、ブディ保健大臣は、インドバック・ワクチンがCovid-19に有効であることが証明されたと述べました。

「インドバック・ブースターは、外国製に劣らず非常に効果的であることが証明されているので、忘れずに使ってください。」と言っています。

以前、ジョコウィ大統領は、木曜日(2022年10月13日)に西ジャワのバンドンでインドネシア製のCovid-19ワクチン、Indovacを発表しました。

このワクチンは、国営企業であるPT Bio Farma(ビオファーマ社)が製造しています。

「bismillahirrahmanirrahim(ビスミッラーヒル ラハマーニル ラヒーム:慈悲あまねく慈愛深き神の御名において)と言いながら、今朝、PT Bio Farma Bandungが製造するIndoVacワクチンを発売しました」と述べた。

大統領は、PT Bio Farmaは今年2,000万回分のワクチンを生産することができると述べた。

年間生産量は1億2千万回分まで増やすことができます。

“以前、ビオファーマ社・社長取締役は、来年は4000万回になり、それでも市場が必要とするならば、1億2000万回分のワクチンに到達することができると言いました。

大統領は、ブディ保健大臣とエリック・トヒル国営企業大臣に対し、PT Bio Farmaにワクチン生産を引き続き奨励するよう要請した。

したがって、インドネシアにおけるワクチンのニーズは、独自に満たすことができます。

「そうすれば、実質国のために大きな収入を得ることができ、ワクチンに関する真の自給自足が可能になる」と締めくくった。

<簡単解説&コメント>

インドネシア在住日本人や外国人の目からすると、やはり母国での扱いが気になります。また国を跨いで仕事をする人たちの立場で言えば、まだまだ知れ渡っておらず、帰国の際に、外国に入国際の扱いはどうなるのか?

そうでなくても、インドネシア国内で接種した、ブースター接種の証明が、既存のアプリ(PeduliLindungi)に反映されない!接種証明ができない外国人にとってみれば、そちらも早くアプリに反映してほしい。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。